くろしお写真Blog
動物園(ほぼ天王寺動物園)の動物達、我が家の鳥達、野鳥や花などの写真をUPしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年、天王寺動物園サポーター限定イベント
今日は天王寺動物園でサポーターの人限定のイベントがありました。今回3つの場所を回らせてもらいました。
どこも普段は入ることも出来ないし、スタッフさんのお話も知らないこともあったりして1時間半余りがあっという間でした。
今回どこを回ったかは写真で想像して下さい。3枚目は超~急な滑り台?でした(*^_^*)
スタッフの皆さん、とても楽しく回らせて頂きました。有難うございましたm(__)m

サポーターイベント

サポーターイベント

サポーターイベント

サポーターイベント


スポンサーサイト
大阪3年ぶりの積雪&2011年、天王寺動物園サポーターイベント
雪

大阪は天気予報で「積もる」と言ってても降っても積もらないことがほとんどですが、今朝はまさかの積雪でビックリでした。
今日はそんな中天王寺動物園へ行き、ようやく会いたいと思っていた子に会えました。
でもいきなり雪の中の写真になりましたが。また後日UPします。
↓は昨日行った時にお友達のブロガーさんと「この花に雪が乗ってたらええやろなぁ」って話をしてたらほんとになりました。

雪

雪

雪



今日は天王寺動物園のサポーターになってる人のみ参加出来るイベントがありました。(サポーター制度についてはこちらを。)
ハガキで通知があった人もおられるようですが、私はメールで頂きました。
私は一昨年参加しましたが、昨年は理由は忘れましたが参加してなくて、今年はまた参加させてもらいました。
イベントの内容をあまり詳しくUPしてしまうとネタばれになってサポーターに入ろうって思ってもらえないと困るので少しだけ。
最初に入れて下さった場所は説明して下さりながらストーリー仕立てのようにもされていたので楽しく笑って学ばせて頂きました。
スタッフさん方がサポーターの人達を楽しませて下さろうとお忙しいのに考えて下さったんですよね(私こういう笑い大好きです)。
そして次に回った場所では網越しに大接近して動物に会うことが出来て大感激でした。
裏側のことやいろんなことをたくさん説明して下さったり、一人ずつにあるプレゼントもありました。
そして次の所はほんとは今日の積雪の為危険かもしれないので中止になってしまうだろうということだったそうですが、
でも担当さんがイベントの時間までに一生懸命雪かきをして下さったそうで中止になりませんでした。有難うございます!
その場所は普段スタッフさんでもなかなか入らない場所だそうなので、とても貴重な体験をさせてもらって興奮しました。
一応写真でどの場所を回ったかはお分かりになると思います。
私は数えきれないぐらい通っているので、スタッフさん方がどれ程お忙しい一日を過ごされているかは見てても分かります。
でも今日裏側を見せて頂き改めてどの作業にしても一つ一つすごく重要で、日々動物達をお世話されてるんやなぁって実感しました。

アイファー

アイファー

ライオン

ブチハイエナ

ライオン放飼場

草食サバンナゾーン


サポーターイベント 2
サポーターイベント1の続きですが、次回同じコースがあったとしたらかなり今日の記事はネタばれになってしまいますので、
嫌な方は読んで頂かない方がいいかと思います。

次は調理場・飼料倉庫です。
調理場

調理場

調理場

まず↓はアジ。ペンギンさんとアシカさんの食事です。
調理場

そして↓がオキアミ。これはフラミンゴさんの食事。
調理場

それから↓がドジョウです。これは中国産だそうですが、養殖出来ないのでこれが一番高いそうです。ツルやコウノトリ用。
調理場

次に肉食獣のお肉類等の説明がありましたが、私はうちの1羽目の鳥が亡くなってから鶏肉が食べれなくなり、
それに鳥飼いなので病院に行くことも多いので小動物を与えるという説明が頭では分かっていてもどうしても気持ち的に受け付けられず、
申し訳なかったですが、その時だけは説明されている飼育員さんが見えない位置にいたので写真は撮っていません。
それから次の草食動物の食事内容になったのでお聞きしていました。
↓のような種類があります。カゴの中の玉ねぎとニンニクはカバのナツコさん用だそうです。
調理場

調理場

↑の野菜を必要な時には↓のスライサーに入れると薄切りにして出てきてくれるそうです。キリンさんのご飯もそうですね。
調理場

そのスライスした物だけでは足りない物(カルシウム、並塩、荒塩、フスマ、米ぬか)はそれぞれの担当さんがその日の動物達の様子を見て、
↓の場所でシャベルを使って混ぜ合わせて作っておられるそうです。これはもうずっと続いていることだそうです。
調理場

調理場

調理場


そして次に隣にある動物病院へ。↓が入口というかシャッターを開けられた場所です。
動物病院

↑の写真のオレンジ部分が↓の台です(写っておられる方は今日イベントを引率して下さった先生で説明して下さったのは別の先生です)。
実はここは亡くなった子を解剖して調べる場所だそうです。
ただこの大きさの台なので、最高でもラクダさんぐらいまでで、それ以上大きな動物の子は現地で行なったりするとのことです。
大体年に200ぐらいの子達が亡くなり、でも反対に200ぐらいの子達が産まれたり、他からやってくるそうです。
動物病院

↓の卵ですが、左の大きな卵はダチョウさんの卵。ダチョウは他の子が産んだ卵も一緒に集めて1羽が温めたりするそうです。
でもそれには一つ理由があって、温める子が産んだ卵を真ん中にして他の子の卵を回りに囲んで温め、
もし外敵から食べられるとしたら他の子の卵から食べられて自分の卵を守るんだそうですよ。
緑の卵は私は分かりました。ヒクイドリさんの卵です。
実は以前ZAQの番組「アニマルなんでも大百科」でガイドをされている放送を見たからでしたf(^^;)
何故緑色かというと草の上で産んでいても外敵が気づかないからみたいです。飼育員さんでさえ気づかない時があったとか。
茶色と白のはなんだったけかな?あら~忘れちゃった。メモを取りながら回っていたのにうっかりこの時忘れてました。
でももう一つ白い卵があってそれはペンギンさんの卵でした。
動物によって形がみんな違うのにも理由があって、ペンギンさんの卵は転がっても回ってまた元の位置に戻るような形をしています。
親鳥が動いて転がっては困るのでちゃんと元に戻るようになっているんですね。
ちなみにうちのセキセイインコと以前いた文鳥の卵も形が違いました。もちろん大きさも違いましたが。
セキセイはペンギンの卵の小さい版みたいな感じですかね。巣箱なので転がらないようになってます。
でも巣箱の中は中央に凹みがあって転がらないようにしてあるんですよ。
文鳥の卵は真ん丸ではないですが、そんなに片方がすごく尖ったりという形ではなかったですね。つぼ巣で産むからでしょうかね。
まぁ野生の場合はどんな場所で産んでいるのかは分かりませんが。
動物病院

↓は診察や検査などをする場所だそうです。とにかくいろんな物が置いてありました。
動物病院

注射や麻酔の棒の説明もして下さったり、右に写っているレントゲンも4枚貼ってあって
全部どんな動物でどんな治療をされたのかも教えて頂けました。
あとマイクロチップを入れる種類の動物がいたり、足環を付ける子でも動物によっていろんな種類の足環が使われたり。
色が違ったり、付ける場所も動物によってそれぞれあるんだそうです。
例えばフラミンゴさん。↓の写真ですが付けてる位置が少し上です。足首?の所だと座った時に見えないのでこの位置にしているそうです。
フラミンゴ

本当に素人からすると気が遠くなるような細かいお仕事ばっかりです。
しかも内科、外科など分かれている訳ではなく、どんな症状の子でもその動物の担当の獣医さんが診られるんですよね。
私は鳥飼いなのでその点でもすごいなぁと思いました。それはなぜかと言うと鳥は診てもらえる動物病院が少ないのが現状なんです。
まだまだ「鳥を病院に連れて行く」という飼い主さんが少ないのもありますが、一般の動物病院さんも犬猫さんが多く、
鳥をちゃんと診ることが出来る先生自体がとにかく少なく、関東では鳥専門病院が何件か出来ていますが大阪はまだ1件もありません。
ただうちの鳥達を診て頂いている病院はエキゾチックアニマルを診て下さる病院としてとても有名なので助かっていますが。
でもどこも結構そうなのですがおサルさんは診ませんと言う所が多いんですよね。
でも動物園の獣医さんはおサルさんも診ておられるので本当にあらゆる動物のことを知らないといけないですね。
それに治療するだけでなく、食事の管理や日々の動物達の観察もしておられたりと本当に大変なお仕事です。
でもそれは飼育員さんにも言えることだということが今日日頃のお仕事の内容をお聞きし改めて実感しました。

一応これで今日のサポーターイベントのご報告は終了です。全部を回り終わったのが15時頃だったかと思います。

今回のイベントへの参加は今まで知らなかったことも教えて頂けたり、実際にこの目で間近に見ることが出来てすごくいい体験でした。
私は普通の時でもよく飼育員さんや獣医さんに質問をさせて頂いたりもしていますが、実際に目の前にある物に対して質問も出来たり、
また普段入ることなんて絶対に出来ない所を見ることが出来るこういうイベントはとても興味深かったです。
私は天王寺動物園しかサポーターにはなっていないので、また機会があれば参加してみたいです。

ちょこちょこと我が家の鳥達の話も入ってしまいすみません。でもどうしてもダブってしまうところもあって例として書かせて頂きました。


サポーターイベント 1
今日は天王寺動物園のサポーターイベントに参加してきました。
昨年7月初めにもあったのですが、その時はあまり体調の良くない時でもあったので参加出来ませんでした。
今まで他の動物園でもこういうイベントには参加したことがなかったので今日はすごく新鮮でもあり、勉強にもなりました。
後日にすると忘れてしまっても困るので、長くなりますが今日一気に全部書いてしまいます。写真は多いので小さめにしました。
ただし次回同じコースがあったとしたらかなり今日の記事はネタばれになってしまいますので、嫌な方は読んで頂かない方がいいかと思います。
でも私としては貴重な経験、勉強として今後の自分自身の為にも今日書き残しておきたかったので書きました。

イベントは13時からレクチャールームに集合ということでまずそこで園長さんのお話がスライドを使いながらありました。
今年のGW後ぐらいになるかと思いますが、サイ舎の横の高速道路の外壁にサバンナをイメージした絵が描かれることが決まっています。
そして今野生のホッキョクグマは2万頭程しかいないことなど。
それから↓の写真のように今後こういう計画もいつの日か実現されるかもしれません。「極地海洋ゾーン構想」。
サポーターイベント

そして13時半よりバックヤード見学がスタート。私はまずカバ舎から。場所ごとに飼育員さんやスタッフさんが説明して下さいます。
↓はカバ舎の水をキレイにする為のろ過機だそうです。確か以前お聞きした話だと5分に一度キレイに循環されるらしいです。
カバ舎

↓は女の子達(ナツコさん、ティーナ)の室内プールと食事。食事は時間をかけてでもキレイに食べつくしてしまうそうです。
プールにいるエジプトガンさんはいつも外のプールにいる子ですが、今ケガの治療中とのことで室内にいます。
カバ舎

カバ舎

↓奥の方がテツオ君のプールです。
カバ舎

カバさんは室内でももちろんウンチをしますが、カバのウンチの仕方が撒き散らす為あちこちに飛んでしまいます。
なので天井の蛍光灯などにはビニールを掛けてありました。↓の写真のオレンジのビニールがそうです。
カバ舎


次はキリンの寝室の見学でした。でもその前に寝室入口前の所でケニヤ君が見に来ていたので少し説明がありました。
キリン

キリン

そして通路を通って、まずハルミちゃんの寝室へ。ここでも色々な説明をして下さいました。
まずご飯のことから。食事は↓のような内容だそうです。
野菜をスライスした物や牧草のような物を固めたヘイキューブという物、そして葉っぱ(フサアカシアかな?)だそうです。
ハルミちゃんは15~20kg、ケニヤ君で25kgを食べるそうです。
なぜ野菜はスライスしているかというとキリンはあまり大きな物は食べづらいからとのことです。
キリン寝室

キリン寝室

↓はキリンさんのウンチ。出たてはまだ軟らかさがありますが、少しすると↓のようにコロコロと硬いものに。
まぁ我が家のセキセイのウンチでも最初はもちろん触ると軟らかいですが、時間が経つと固まります
(フィーは女の子というのと水をよく飲むのでビチャビチャウンチなので一箇所でしていると水浸しになるぐらいです)。
キリン寝室

↓は上に書いたご飯を入れて電動で上に上がるようになっています。キリンは下を向くのは大変なので上に上げます。
以前はこういう装置はなくて、飼育員さんがわざわざ重いご飯をかついで上に上げていたそうですが危険なので今はこの機械が導入されています。
キリン舎

↓は水飲み場です。こちらも高めに作ってあります。
キリン舎

それからこれは今まで全く気づいてませんでしたが、普段床が乾いている時は滑ったりすることはないそうですが、
でも濡れたりすると結構滑ることがあるらしく、寝室では↓のおかくずが一面敷かれます。
ケニヤ君の所には室内に入った時点でもう敷かれています。でも毎日おかくずは取り替えないといけないので大変ですよね。
キリン舎

いつもキリンさん達が15時頃室内に入ると中で飼育員さんのガイドがありますが、そこにはハルミちゃんがいます。
そして少しの隙間からたまにケニヤ君が覗いてますよね。あそこがケニヤ君の寝室で、その奥がハルミちゃんの寝室になります。
↓はハルミちゃんとケニヤ君が屋外への出入りの時に使う出入り口です。もう1つありますが、一応ここを使うようにされているそうです。
キリン舎

キリンさんの部屋には暖房器具が付いてあって、寒い日はつけてあります。
でも翌日屋外に出る時に気温差が大きいと体調に異変が出るので、暖房は自動で切れるようにセットされ、
飼育員さんは朝早く出てこられて窓を開けて、徐々に外との気温差をなくしてから屋外に出されるそうです。

キリンさんは「反すう」という行動をします。一度食べた物をしばらくしてまた口に戻して噛んでまた飲み込みます。
それをしている時によ~く首の辺りを見ていると飲み込んだ時とかに食べ物が首を通っていくのが見た目にも分かるんですよ。
今日もイベントの後見ている時にそれをやっていて見ることが出来ました。
鳥は食べてすぐには胃にはいかず「そのう(喉)」に一時食べた物があるので、オスがメスに吐き戻しをあげる時はそのうから出します。
もちろん鳥も調子が悪ければ吐く(吐き散らす時もあります)ので、それと間違ってはいけないんですけどね。
でもたまに男の子が調子が悪くて吐いてるのを女の子が勘違いして吐き戻しをもらえるのかと思ってる表情の時がありますが。
実は今日帰宅してから確信出来ませんが、どうもモモの口の横に少しと頭の上に1つ餌らしきものが付いてるような感じでした。
体重も朝より1g減ってたのですが、でも目もしっかりして、表情や動きも普通、鳴いてる、食べてる、回りに吐いた形跡がないので微妙です。
吐いた形跡があるとシード(餌)が固まってくっついていたりするので分かります。
それに大量に吐くと首を振って吐き散らすので体中にもネバネバしたのが付いて羽も部分的に固まったりしています。
余談になりましてすみません。今日は4箇所回ったので2つの記事に分けますね。



これまたちょこっと余談ですが昨日の記事の関連で、今日のWBCの日本代表と韓国戦、圧勝で7回コールドとは。
今日は第一打者のイチローから大活躍でしたからね。でも途中見ながら座ったまま寝てしまってました(。>_<。)




プロフィール

くろしお(♀)

くろしお(♀)
カメラはEOS KissDN、EOS 40D、50D、70D。フィルム一眼はペンタとEOS。ほぼ天王寺動物園の動物達や園内を撮影



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



月別アーカイブ



鳥クロスステッチ図案Shop

ショップは↓こちらから

↓の本にこのショップが
紹介されています






コアラの時計


by Animal Web Clock





QRコード

QR



タグ

ゾウ シロクマ キリン トラ コアラ サイ ライオン ペンギン レッサーパンダ アジアゴールデンキャット ムフロン ブチハイエナ エランド メガネグマ コビトマングース アシカ ラクダ タイマイ シマウマ カバ 野間馬 ソデグロヅル ジャガー マレーグマ ウンピョウ ダチョウ ホロホロチョウ ヒョウ チョウゲンボウ オオタカ エミュー スナドリネコ ホオジロカンムリヅル モモイロペリカン ミミナガヤギ ヒメコンドル セーカーハヤブサ キガシラコンドル イヌワシ サポーターイベント チュウゴクオオカミ コクチョウ ピューマ ドール グリーンイグアナ ボアコンストリクター オランウータン ニッポンツキノワグマ ミズオオトカゲ ヨウスコウワニ ベンガルヤマネコ ソウゲンワシ スッポンモドキ コヨテ フクロテナガザル B'z アフリカハゲコウ ケープハイラックス ヌートリア ゾウガメ ブラッザグエノン 動物感謝祭 ニホンコウノトリ インドホシガメ 脱出猛獣捕獲訓練 ニューギニアナガクビガメ オシドリ ヒツジ ワライカワセミ アネハヅル コサンケイ クロコンドル オジロワシ コフラミンゴ フラミンゴ タンチョウヅル ニホンイヌワシ バーバリーシープ ナベヅル セグロジャッカル アメリカアカリス チンパンジー エジプトガン カメ ヤギ エリマキキツネザル ツキノワグマ コンドル 天王寺動物園フィルム撮影 シロフクロウ セキセイインコ  マンドリル ウサギ トウブハイイロリス ヒクイドリ 紅葉 カラフトフクロウ アオサギ ゴイサギ リクガメ ネコ アオウミガメ フクロギツネ カワリクマタカ タンチョウ オオヅル コサギ ニジキジ コジュケイ 飼育の日  サザンカ 阪神タイガース リス アマサギ セミ  ニホンツキノワグマ  モクレン 文鳥 ヒヨドリ トムソンガゼル ユキヒョウ  アカゲザル ハクセキレイ ワンちゃん インコ リスザル パンダ カワウソ シロテテナガザル 八坂神社 円山公園 清水寺 ゴリラ 無燐庵 カモ カモメ 夕景  アルパカ コバタン ヨウム フクロウ チワワ  バラ シュバシコウ アムールヒョウ ヒガンバナ スズメ コスモス 夕日 アカカンガルー ルリコンゴウインコ フサオマキザル オカメインコ サザナミインコ シママングース シマリス プレーリードック クラゲ コツメカワウソ クロシロコロブス モルモット イトマキエイ ジンベイザメ イルカ ラッコ カルガモ ヒマワリ ライトアップ パンジー ハイビスカス ガーベラ アジサイ ネコちゃん 新緑 オオカミ ワオキツネザル オオハシ トキイロコンドル ハト ミーアキャット アナホリフクロウ キンシコウ  哲学の道 琵琶湖疏水 水路閣 南禅寺 インクライン モモイロインコ ネモフィラ クジャク メジロ 太平洋 クリオネ 菜の花  蝋梅  エノコログサ ひまわり   オオアリクイ バッタ ワラビー カピバラ ミカン  アカハナグマ ポピー エイ アザラシ マンタ プードル 青空  ペリカン マガモ ムクドリ チューリップ ムスカリ スイセン シカ くすぐりエルモ シジュウカラ サギ アライグマ ダルメシアン 京都 鴨川 カモシカ もみじ 大阪城 カニクイザル ススキ ウォンバット   赤とんぼ センイチ レモン  サルビア ガザニア アフリカサバンナ ホソバヒャクニチソウ  シーズー 



ブログ内検索



このブログの写真の無断使用はお断りします。もしご使用の場合はBBSかメールにてお問い合わせ下さい







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。