くろしお写真Blog
動物園(ほぼ天王寺動物園)の動物達、我が家の鳥達、野鳥や花などの写真をUPしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快適?オウサマペンギン達~
天王寺動物園のオウサマペンギン4羽とフンボルトペンギン達。
オウサマペンギンは暑いのが苦手です。普段は起きてる子や寝そべったり、頭を後ろにして寝てる子がいますが先日の大雪の日はみんなテクテク~。
やっぱりあれぐらいの寒さやと快適なんでしょうかね(*^-^*)
フンボルトペンギン達は暑いのも平気ですが、寒いのも大丈夫なんかな?
ただペンギンアパートに入ってる子が多かったですが、でも水に入って泳いでる子もいました~(オウサマペンギンは泳いでないです)。

ペンギン

ペンギン

ペンギン

ペンギン

ペンギン


スポンサーサイト
今年生まれのフンボルトペンギンの幼鳥さん達
天王寺動物園のフンボルトペンギンさん。今年2羽が孵化して無事育ってくれて、4/22に1羽はプールデビューしました。
4/23付けの「天王寺動物園スタッフブログ」さんの「プールデビュー おやっ?」にその時の様子がUPされています。
観てる時は昨年生まれの子かな?とも思いましたが、やはりちょっと背中の色が違う気がしました。
ただこの写真の幼鳥さんは翼帯をしてたので、「もう早くも?」と思ってスタッフさんにお聞きしたらプールデビュー後に付けられたみたいです。
2羽の幼鳥さんが出てたかは不確かですが、でもこの子は今年生まれの子ですね。かわいいです~。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


そろそろかな~
天王寺動物園のフンボルトペンギンさん達。ちょうど夕方のご飯タイムの時なので1枚目以外みんな集まっています。
2枚目真ん中の魚を咥えた子が昨年4月生まれの若鳥さん。3枚目では一番右の子です。
今年生まれの雛も裏のペンギンアパートの中にいて、もしかして近いうちに巣立ち時期で出てきてくれるかもしれないそうです。
孵化してから無事育ってくれるかと心配で何度もお聞きしてしまいましたが、その度に順調に育ってると教えて頂いてました。
なので出てきてくれるのがすごく楽しみです。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


オウサマペンギンの屋内へのお引越し
天王寺動物園のオウサマペンギン達(1、2枚目)とフンボルトペンギン達(3枚目)。先週撮影。
動物園スタッフブログさんによるとだんだん気温も上がってきたので先日オウサマペンギンの屋内へのお引越しがあったそうです。
3/19付けの「天王寺動物園スタッフブログ」さんの「春ですね~」にUPされています。
これからはオウサマペンギン達は屋内で観ることが出来ます。

オウサマペンギン

オウサマペンギン

フンボルトペンギン


ふしぎ発見の偶然~
天王寺動物園のフンボルトペンギン(1枚目ご飯タイム、2枚目昨年誕生の若鳥)とオウサマペンギン(3枚目。♀で昨日時点で抱卵中)。
昨日お昼にペンギン達を観てたらそこへ担当さんが来られたのでペンギンについて色々教えて頂きました。
私は元小鳥飼いなので若干似た部分もあるのかなと思うところもありますが、でも知らないこともすごくあり興味深かったです。
さっきテレビで「世界ふしぎ発見」を観てるとペンギンの話題が…。そしたらその中の1問がこれまた昨日教わったばかりφ(..)
「ペンギンが海水を飲んで体に溜まった塩分を外に出す方法は?」という問題。おかげで即答えが分かりました(^o^)
答えは頭を振って鼻(塩類腺(えんるいせん))から水が飛びますがそれは塩分を出してるそうです。塩類腺って昨日初めて聞きました。
それからオウサマペンギンの下のクチバシのオレンジ色の部分は「嘴鞘(ししょう)」という名前で剥がれて新しくなったりするそうです。
小鳥と同じ名称や換羽など用語が同じものもありますが、水、海水に入る子はまた特別な機能があるんですね。反対に小鳥も。
ものすご~く勉強になりました。いつも教えて下さって有難うございますm(__)m

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

オウサマペンギン


ペンギン達のご飯タイム
天王寺動物園のフンボルトペンギンとオウサマペンギンの夕方のご飯タイム。
と言っても写真はオウサマペンギンが食べてる1枚しかないですが、でも4枚ともご飯タイムの時に撮りました(^_^;)
1枚目3羽しかオウサマペンギンが写ってないですが横に1羽います。
写真先頭の左のフリッパーの翼帯が黄色い子が日本最高齢で36歳以上だそうです。
3枚目左と4枚目は昨年生まれのフンボルトペンギンの若鳥さん。とっても活発に動き泳ぎ回ってくれてます。
3枚目右の子と左の翼帯が同じ黒なので親鳥だったかな?確か親鳥は右が黄色って聞いたような…。以前書いたかな?

オウサマペンギン

オウサマペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


オウサマペンギン達、屋外にお引越し
天王寺動物園のオウサマペンギン達4羽ですが、先日の日曜日屋外プールにお引越ししたそうです。
そろそろかなと思っていましたが、あいにく行けなくて観れませんでした。
でも12/11付けの「天王寺動物園スタッフブログ」さんの「お引越し」にUPされていて、口の中などの写真も載っています。
是非見て下さい。↓の写真は先週まだ屋内にいた時に撮影したものです。

オウサマペンギン

オウサマペンギン


若鳥ペンギンの個性
天王寺動物園のフンボルトペンギン。2枚目は今年4月生まれの若鳥さんです。
先日夕方のごはんタイムを観てると、昨年1月生まれの子は1歳過ぎてももらった魚(アジなど)を落とした時は食べなかったのに、
今年生まれの子は成鳥を押しのけても担当さんからもらって食べてました。
「昨年の子と比べたらすごい食欲あんなぁ」と思って担当さんにお聞きすると個性とのことでした。
それにこの子は一時少し食欲が減ってペンギン舎から離した期間があるのでそれも関係あるのかもとのことでした。
でも食欲があってよかった。3枚目黄色い翼帯の子はそろそろ巣引き時期なので1錠だけビタミン剤を魚に入れてるそうです。

ペンギン

ペンギン

ペンギン


フンボルトペンギン達の換羽
天王寺動物園のフンボルトペンギンの換羽が始まってる子達がちょこちょこいるようになりました。
昨年1月産まれの子は屋外にはほとんど出てないようですが、担当さんにお聞きするとほぼ大人と同じぐらいになってるそうです。
大人で換羽に入ってる子達の中で1羽背中側の表面の黒い羽がほとんど抜けてその次の綿毛(白い)状態の子がいます。
本来野生では換羽中は水に入らないのですが(水を吸って溺れてしまうことがあるから)、動物園の子は少しは入ります。
でもやはり一番抜けてる子は泳ぎが遅い感じですし、水から出てしまうことも度々ありました。
でもこの綿毛が抜けたらもう新しい黒い羽が生えてるそうなので、あともう少しみたいです。
セキセイインコの場合は結構表面の羽は抜けますが綿毛が見える程一気ではないし、綿毛も抜けるのは抜けても全部じゃなく、
新しい羽は筆毛(羽がストローみたいな筒の中に入ってる)となって生え、羽繕いによって筒が取れたら新しい羽が広がります。
だからペンギン達の換羽も興味があったので担当さんにお聞きしたんですが、飛べる鳥とはまた違った換羽になるそうです。
今年4月産まれの子(1枚目)も元気よく泳ぎ回っていますが、まだエサは親鳥からもらってるとのことです。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


ペンギン達の食事
天王寺動物園のフンボルトペンギン(屋外)とオウサマペンギン(3枚目屋内、4羽)。
今結構食欲が低下している時期らしく長くは食べてないですが、でももらえる前は楽しみに待ってるように私には観えます。
フンボルト達はまだあまり換羽に入ってる子はいないようで、昨年1月産まれの若鳥(2枚目)もまだ大人の羽にはなってません。
オウサマペンギンの方は先週の時点で3羽が済んでました。
今フンボルトのつがいの1組には雛がいて、先日ペンギンアパート内から鳴き声が聞こえてきてました。
力強い鳴き声だったので、近いうち元気に屋外に出てきてほしいなと思います。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

オウサマペンギン



(追記)
7/4の時点で昨年産まれの子は換羽に入っていて、今年産まれの子はプールデビューしていました。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


見事に弾く!
天王寺動物園のオウサマペンギン達(4羽)。今オウサマペンギン達は室内の涼しい場所にいます。
4羽のうち2羽は換羽が終わったらしく、先日は室内のプールでスイスイ泳いでいました。
横ではまだ換羽が済んでない2羽(4、5枚目)がジッと休んでました(換羽前、換羽中は水を弾かない為プールには入りません)。
泳いでた子の1羽がプールから出てガラスの目の前に来てくれたのでじっくり見ると羽に付いた水滴が見事に弾きまくってました。

ペンギン

ペンギン

ペンギン

ペンギン

ペンギン



(追記)6/28の時点では4枚目の換羽中の子はもう換羽が済んでプールにも入っていました。


みんな集合~
天王寺動物園のフンボルトペンギン達(1~4枚目)と屋内にいるオウサマペンギン達(5枚目)。先週撮影。
現在フンボルトペンギンは20羽(現在育雛中の個体がいるそうです)、オウサマペンギンは4羽(1羽は3月下旬別の施設に移動)。
みんなが集まってるのは担当さんが来られこれからご飯タイムが始まるのが分かったからです。今かなり食欲旺盛みたいです。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

オウサマトペンギン


ペンギン達の変化
天王寺動物園のフンボルトペンギンの若鳥さんとオウサマペンギン達。
1枚目のフンボルトの若鳥さんは昨年1月生まれの子です。写真を見ると少し頭や胸の辺り、翼の羽が抜けてきてる気が…。
翼以外はまだ観た感じ抜けてるのは綿毛っぽい気もしますがそろそろ換羽に入り大人と同じ模様に生え変わる時期なのかもしれません。
それからオウサマペンギン達が屋外で見当たらないので屋内を観てみるとみんながいました(2枚目。3月1日は屋外にいました)。
スタッフさんにお聞き出来なかったのでハッキリとは分かりませんが、もう屋内にお引越ししたのかもしれないです。

フンボルトペンギン

オウサマペンギン


お掃除するで~、ご飯やで~!
天王寺動物園のオウサマペンギンとフンボルトペンギン達。
朝通るとちょうど担当さんがペンギンプールのお掃除を始められて、その後ペンギン達に魚を与えられるところでした。
オウサマペンギン達は整列しお掃除の間はあちこちに移動し、フンボルト達はプールに入ってスイスイ泳いでました。
お掃除終了後ご飯タイム。3枚目の子は少し汚れてるのでもしかして抱卵中か育雛中の子かな?
2枚目と4枚目手前のフンボルトの子は昨年1月生まれの若鳥。この春頃には換羽で成鳥と同じぐらいになるようです。

ペンギン

ペンギン

ペンギン

ペンギン



今日は遠方のお友達が大阪に来られると連絡を下さったので天王寺動物園で合流させて頂きました。
何度目になるのかは分かりませんが、でも大阪に来られる度にお声をかけて下さり動物園でお会いさせてもらってます。

私は今年になってもストレスから心身とも不調が続いてて、正直良くないことも考えてしまうこともあります。
でも疎遠になりかけてたお友達が今もブログを見て下さってて「先日天王寺動物園に行きました」とメールを下さったり、
お忙しくてなかなかPCが出来ないお友達もブログを見て下さった時はすぐにメールを下さったり、
モモが生後2ヶ月の時に私がやってた強制給餌の仕方を10年程前にお伝えしたことがきっかけでお友達になって、
今別の鳥さんに強制給餌されてて、「あの時教えてもらったおかげで改めて感謝してる」とご自身も体調が優れなかったり、
以前テレビで活躍されてたので今別のお仕事でもお忙しくされてるのに私の体調も心配してわざわざメールを下さったり、
そして時々書いていますが25年来の親友はいつもいつも気にかけてくれています。
ご無沙汰してしまっているこんな私を忘れず皆さん連絡を下さって私は本当にお友達には恵まれています。
それに動物園に行くとスタッフさん方がお声をかけて下さったり、常連さんも私と会わない日が続くと心配して頂いてて。
たくさんの優しいお友達が私にはいて下さることをここ数日だけでもすごく実感し、有難い気持ちでいっぱいです。


それぞれのくつろぎ方
天王寺動物園のオウサマペンギン5羽とフンボルトペンギン(一番手前)。
寝そべって休む子、頭を後ろにして寝る子、普通に立ったままくつろぐ子とそれぞれです。
今フンボルトペンギンの中で抱卵中の子がいるそうですが、先日お聞きするとまだ孵化はしていないそうです。
先日ペンギンアパート(プールの奥側)の所を観てるとフンボルトの1羽が長い枝を咥えて一生懸命走ってました。巣材ですかね。

ペンギン


今日の主役?
天王寺動物園のペンギン達。大きい子達がオウサマペンギン、小さい子達がフンボルトペンギン。
オウサマペンギン5羽は昨年12月21日ぐらいに屋内から屋外にお引越ししてます。
フンボルトペンギンは一年中屋外にいますが、数えるとちょっと足りない気がするのでペンギンアパートで産卵・抱卵中かな?
ソーシャルネットワーク大阪」さんという月1回生動画配信されている「天王寺動物園のなかまたち」では
今日このペンギン達の様子が14時から2時間ネット配信されていました。
撮影されている方とはこれまで3~4回撮影される日に偶然お会いしていて今日もお会いしました。
↓1枚目は今日午前中、2枚目は先週、3枚目は半月程前に撮影したペンギン達です。

ペンギン

フンボルトペンギン

オウサマペンギン


フンボルトペンギンの産卵の季節
天王寺動物園のフンボルトペンギン達。今は産卵の時期なので、先日どうも抱卵してる子もいるように見えました。
ただ近親交配の場合は偽卵と取り替えたり、引き離したりはされてるとお聞きしてますが。
1枚目は同じ黒の翼帯をしてるのでペアかな?(確信はないです)
2枚目は昨年1月生まれの若鳥ちゃん。この子も黒の翼帯ですが翼帯以外の色が違うのかもしれません。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


オウサマペンギン達
天王寺動物園のペンギン達。(1枚目は1ヶ月程前の屋内、2枚目は12/18屋内、3枚目は12/18の屋外のフンボルトペンギン)。
そろそろオウサマペンギン達が屋外にお引越しする時期かなと先日から観ていて、18日はまだでしたが、
今日(12/21)の「動物園スタッフブログ」さんに「オウサマペンギンが引っ越しました」の記事がUPされていました。
これからしばらく屋外でフンボルトペンギン達と一緒にオウサマペンギン達の様子を観ることが出来ますね。

オウサマペンギン

オウサマペンギン

フンボルトペンギン


オウサマペンギンの食事タイム
天王寺動物園のオウサマペンギン達(5羽います)。先日午前中ご飯タイムを観ました。
今は室内の方にいますが、たぶん来月には屋外のフンボルトペンギン達がいるペンギンプールにお引越しすると思います。
昨年行った日にちょうどお引越しがあり、ペンギン達の爪切りや血液検査や体重測定などされてるのを見ることが出来ました。

オウサマペンギン

オウサマペンギン


ペンギンさんの羽繕い
天王寺動物園のフンボルトペンギンさん。羽繕い中です。
3枚目は別の日撮影ですが今年生まれかな?若鳥さん。
大きさはもう大人と同じですが、以前スタッフさんにお聞きしたら2度程の換羽で大人と同じようになるそうです。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


まだ寒いけれど…
天王寺動物園のオウサマペンギンさん達(4羽しか写ってませんが5羽います)。写真は2/11雪が積もった日撮影。
寒くなってきた昨年12月11日に室内から屋外にお引越ししてきました。
まだ先日も雪が降ったり、まだ寒かったりしますが、もう3月なのでそろそろまた室内に引っ越す時期なのでしょうか。

オウサマペンギン



(3/12追記)
リンク先のブログさんでこのことを書いて下さっていました。明日の13日(日)11:00~お引越しがあるみたいです。


オウサマペンギンさんお引越し!
天王寺動物園のオウサマペンギンさん達(5羽)が今日午前中屋内の展示場から屋外のプールにお引越しをしました。
暑いのが苦手なオウサマペンギンさんなので、寒い時期から暖かくなるまでの間は屋外で過ごします。
今日はお引越しがあることは全然知らなくて朝カバ達を撮影してる時にスタッフさんに教えて頂いて見ることが出来ました。
これまで一度もお引越しを見たことがなかったのですごく運が良かったです!(10月ゾウガメ達のお引越しも偶然見れたし)。
今日のお引越しの様子は「動物園スタッフブログ」さんの「オウサマペンギンの引っ越し~~」にもUPされています。

まず担当さん方が1羽ずつ順番に室内からペンギン達をしっかり抱えて連れて出されてそのまま体重計に乗られます。
そしてペンギンさんを抱えたままベンチに座られると獣医さん方が爪きり、血液採取、1羽はクチバシが少し伸びてたので切ったり。
ペンギンさんの爪切りは少し深爪になるぐらいに切っておいてちょうどいいそうです。
だから少々出血もしていましたが、そこでも血液採取も出来るし、その後は止血剤の粉末を刷り込むと血が止まります。
この止血剤うちも鳥達ので同じのを持ってますが、驚く程即血が止まります。
1時間程スタッフさん方は頑張られて無事お引越しは終わりました。お疲れ様でした!

オウサマペンギン

オウサマペンギン

オウサマペンギン

オウサマペンギン

オウサマペンギン

オウサマペンギン

オウサマペンギン

↓は夕方撮影のオウサマペンギンさんとフンボルトペンギンさん。

オウサマペンギン

オウサマペンギン&フンボルトペンギン



今日はお引越しまでの間少し時間があったので、またヒツジ&ヤギ達にペレットをあげて遊んだり、
お引越し後はライオンの所でお二人の女性(お母様とお嬢さん)とお話してて、1時間程ご一緒にサバンナを回らせて頂きました。
このブログを見て下さるとのことだったので…「今日はお邪魔しました。でもすごく楽しかったです。有難うございました!」
その後は少し雨が降ってきたりもありましたが、閉園までのんびり回って帰ってきました。


プカプカしながら羽繕い&お昼寝
天王寺動物園のフンボルトペンギンさん達です。この時3羽のペンギンさんだけが水に入っていました。
そして1羽が羽繕いをしながら、そして若鳥さん(4、5枚目)は目を閉じながらプカプカしてました。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


ペンギン雛ちゃん達
天王寺動物園のフンボルトペンギンさん達です。
今年は2羽の雛ちゃんが誕生し、もうプールデビューをしています。
1枚目2枚目がそれぞれの雛ちゃん達です。3枚目はカップルでしょうか。仲良しさん。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


眠た~(=O=)。o O
天王寺動物園のフンボルトペンギンさん。ペンギンさんのあくびってあんまり見たことなかったかも。
私も今日は何回、何時間寝たか分からないぐらい寝てしまいました。
でも今日は昨日よりまだ1度ぐらい気温が高く、37度越したらしいので、水浴びした動物も多かったでしょうね。
うちもあまりの暑さでエアコンを入れても全然温度が下がらなくて家にいても暑かったです。

ペンギン

ペンギン

ペンギン



余談ですが、もしかしてまた私の変な波がやってきたかも?テンションの波。。。
夜になってなんか変な不安感みたいなのが襲ってきたような…。気のせいかな。
暑さで体調が悪いってことではないのでご心配なく。私のはいつも精神面からくるので(^^;;)


ペンギンさん達~!
天王寺動物園のフンボルトペンギンさん達です。
下の2枚は若鳥さんor幼鳥さんと言うんですかね?ペンギンさんの場合も。
水からちょっと上がってオネムの時間です( _ _ ).。o○

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


おやつタイムのペンギンさん達
天王寺動物園のフンボルトペンギンさん達です。
今日の大阪は32度近くまで気温が上がったようなので涼しげなペンギンさん達の写真をUPしました。
3枚目の大勢集まって上ってきてるのは、飼育担当さんの所へ寄って行ってるところです。
でもまたみんなして一斉に飛び込んでました。4枚目は魚をもらってます。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン


福ちゃんのお散歩タイム&ペンギンさんの近況
天王寺動物園の野間馬の福ちゃん♂です。先日ちょうどお散歩に出発するところを見かけました。
でも今膝の具合で速く歩けないので一緒には無理だったので、戻ってくる途中の所で待って撮りました。

野間馬

野間馬

野間馬

福ちゃんに会った後、もう一度レッサーパンダ方面に戻る時にふとペンギン館の中の電気がついてるのに気づきました。
中を覗くと暑いのが苦手なオウサマペンギンさん達が室内に移動していました。
あとでお聞きすると急に暖かくなってきたので、私が気づいた前日に室内に移動したそうです。

ペンギン


ペンギンさん達!
天王寺動物園のペンギンさん達です。
少し前にお外に引越ししたオウサマペンギンさん、イワトビペンギンさん、そして年中外にいるフンボルトペンギンさん。

↓まずイワトビペンギンさん。小さくてかわいいです。

ペンギン

↓イワトビペンギンさんとオウサマペンギンさん達。大きさが随分違います。

ペンギン

↓フンボルトペンギンさん。スイスイ泳いでいます。

ペンギン

↓全員じゃないけど、3種類のペンギンさん集合。

ペンギン


今朝の大阪は少しの時間ですが雪が降りました。粉雪。
ネットニュースによると大阪市内ではこの冬初雪だったそうです。
寒いのが得意のペンギンさん達にはよかったですね。


新しいプールへ
天王寺動物園のペンギンさん達です。
↓は年中屋外のプールにいるフンボルトペンギンさん。2週間前と約1ヶ月前に撮影。
ここは1ヶ月ちょっと前だったかに新しく塗装をやりかえられたのでとってもキレイです。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

↓がオウサマペンギンさん。暑いのが苦手なのでイワトビペンギンさんと一緒に暑い時期は冷房のある屋内にいます。
この写真は2週間前に撮影したものです。望遠をつけていたので少し外から撮影。
このオウサマペンギンさんとイワトビペンギンさんが昨日屋外にお引越ししたそうです。
詳しくは「動物園スタッフブログ」さんの「お引越し!」に書かれています。
お引越しは移動だけでなくスタッフさんも色々しなければいけないことがおありなんですね。
体重測定はうちのモモも朝晩やってますけどf(^^;)大きさちゃうし
スタッフさんでもペンギンの口の中って滅多に見れないものなんですねぇ。ペンギンさん達もスタッフさん方もお疲れ様でした!

オウサマペンギン




プロフィール

くろしお(♀)

くろしお(♀)
カメラはEOS KissDN、EOS 40D、50D、70D。フィルム一眼はペンタとEOS。ほぼ天王寺動物園の動物達や園内を撮影



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



月別アーカイブ



鳥クロスステッチ図案Shop

ショップは↓こちらから

↓の本にこのショップが
紹介されています






コアラの時計


by Animal Web Clock





QRコード

QR



タグ

ゾウ シロクマ キリン トラ コアラ サイ ライオン ペンギン レッサーパンダ アジアゴールデンキャット ムフロン ブチハイエナ エランド メガネグマ コビトマングース アシカ ラクダ タイマイ シマウマ カバ 野間馬 ソデグロヅル ジャガー マレーグマ ウンピョウ ダチョウ ホロホロチョウ ヒョウ チョウゲンボウ オオタカ エミュー スナドリネコ ホオジロカンムリヅル モモイロペリカン ミミナガヤギ ヒメコンドル セーカーハヤブサ キガシラコンドル イヌワシ サポーターイベント チュウゴクオオカミ コクチョウ ピューマ ドール グリーンイグアナ ボアコンストリクター オランウータン ニッポンツキノワグマ ミズオオトカゲ ヨウスコウワニ ベンガルヤマネコ ソウゲンワシ スッポンモドキ コヨテ フクロテナガザル B'z アフリカハゲコウ ケープハイラックス ヌートリア ゾウガメ ブラッザグエノン 動物感謝祭 ニホンコウノトリ インドホシガメ 脱出猛獣捕獲訓練 ニューギニアナガクビガメ オシドリ ヒツジ ワライカワセミ アネハヅル コサンケイ クロコンドル オジロワシ コフラミンゴ フラミンゴ タンチョウヅル ニホンイヌワシ バーバリーシープ ナベヅル セグロジャッカル アメリカアカリス チンパンジー エジプトガン カメ ヤギ エリマキキツネザル ツキノワグマ コンドル 天王寺動物園フィルム撮影 シロフクロウ セキセイインコ  マンドリル ウサギ トウブハイイロリス ヒクイドリ 紅葉 カラフトフクロウ アオサギ ゴイサギ リクガメ ネコ アオウミガメ フクロギツネ カワリクマタカ タンチョウ オオヅル コサギ ニジキジ コジュケイ 飼育の日  サザンカ 阪神タイガース リス アマサギ セミ  ニホンツキノワグマ  モクレン 文鳥 ヒヨドリ トムソンガゼル ユキヒョウ  アカゲザル ハクセキレイ ワンちゃん インコ リスザル パンダ カワウソ シロテテナガザル 八坂神社 円山公園 清水寺 ゴリラ 無燐庵 カモ カモメ 夕景  アルパカ コバタン ヨウム フクロウ チワワ  バラ シュバシコウ アムールヒョウ ヒガンバナ スズメ コスモス 夕日 アカカンガルー ルリコンゴウインコ フサオマキザル オカメインコ サザナミインコ シママングース シマリス プレーリードック クラゲ コツメカワウソ クロシロコロブス モルモット イトマキエイ ジンベイザメ イルカ ラッコ カルガモ ヒマワリ ライトアップ パンジー ハイビスカス ガーベラ アジサイ ネコちゃん 新緑 オオカミ ワオキツネザル オオハシ トキイロコンドル ハト ミーアキャット アナホリフクロウ キンシコウ  哲学の道 琵琶湖疏水 水路閣 南禅寺 インクライン モモイロインコ ネモフィラ クジャク メジロ 太平洋 クリオネ 菜の花  蝋梅  エノコログサ ひまわり   オオアリクイ バッタ ワラビー カピバラ ミカン  アカハナグマ ポピー エイ アザラシ マンタ プードル 青空  ペリカン マガモ ムクドリ チューリップ ムスカリ スイセン シカ くすぐりエルモ シジュウカラ サギ アライグマ ダルメシアン 京都 鴨川 カモシカ もみじ 大阪城 カニクイザル ススキ ウォンバット   赤とんぼ センイチ レモン  サルビア ガザニア アフリカサバンナ ホソバヒャクニチソウ  シーズー 



ブログ内検索



このブログの写真の無断使用はお断りします。もしご使用の場合はBBSかメールにてお問い合わせ下さい







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。