くろしお写真Blog
動物園(ほぼ天王寺動物園)の動物達、我が家の鳥達、野鳥や花などの写真をUPしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日遅れですがマーズお誕生日おめでと~♪
天王寺動物園のマレーグマのマーズ♂、昨日7歳のお誕生日でした。
一昨日うっかりしてて会いに行けなかったので、今日会って「おめでとう~!」を言ってきました。
でもマーズはまったりとお昼寝してましたが。でも行って1分程で大あくびをしてあの長い舌を見せてくれました。
ちょっとピントが甘かったですが、久々にマーズの長い舌の写真を撮りました。
観に来られる方はみんな「昼寝してるわ」と言ってすぐに立ち去って行かれるんですが、私は反対に寝ているマーズを観てるのも好きです。
人間と同じくこういう時の方があくびって出ますよね。だから来られた方にもそうお伝えするんですが…。
結局観ている間に3回あくびをして(寝てる時2回と起きてきた時に1回)、2回長い舌を見せてくれました。
また起きてきた時の写真は後日UP出来たらと思います。今日は寝てるところを。

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ



チュウゴクオオカミの赤ちゃんズ情報はやはり今は午前中の方が出ている確率が高いですね。
特に楽楽が連れ出してみんなで取り合いしたり。今日はとうとう赤ちゃんを水に落っことしてしまい、みんなで急いで救助してました。
出てきた赤ちゃんはずぶ濡れ。あと怖がりの赤ちゃんなのか、咥えられる度に大声で鳴き叫んでる子もいました。で、自分で産室へ。



それからGWはいつもそうですが、昨日からアフリカサバンナゾーンは一方通行にされています。
レッサーパンダ舎からオオカミ舎方面には行けないように看板が立ててあります。
詳しくは昨日の「動物園スタッフブログ」さんの「ゴールデンウィーク中のご案内」に書かれていますのでチェックして下さい。

GW看板


スポンサーサイト
色っぽい?豪快?なペギーさん♪
天王寺動物園のメガネグマのペギーさん♀。いつもかわいいペギーさん(o^-^o)
この日は珍しくこんな感じでまったり中でした。少し体勢が色っぽいような、でも寝てる姿は豪快なような…。
この2時間後もう一度覗いてみるとダイスケ♂と交尾中でした。
このお二方もすごく仲良しカップルなのでまた新しい命の誕生があればいいなぁ。

メガネグマ

メガネグマ

メガネグマ

メガネグマ

メガネグマ



天王寺動物園では5/3(月)13時半よりゾウ舎でラニー博子さん(推定41歳)の来園40周年のお祝いイベントがあるそうです。
4/11には春子さんの来園60周年のイベントがありましたが、ラニー博子さんももう天王寺動物園に来て40年になるんですね。
GW真っ最中なのですごい人になるでしょうけど、たくさんの方にお祝いしてもらえますね♪
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/yutoritomidori/0000079351.html


キジ舎の鳥さん達雛誕生&産卵中!
本日も2回目の更新です。これまであまりUPしてなかったキジ舎の紹介です。
実は私が鳥好きなのを知って下さってるスタッフさんから「今朝コサンケイの雛が5羽誕生してますよ」と教えて頂きました。
そしてすぐに見に行ってみました。でもその時はお母さん鳥のお腹の下に入ってしまっていました。
その間にスタッフさんからまたまたそこにいる鳥さん達について色々教えて頂きました。
コサンケイの雛は産卵から20日ぐらいで孵化するそうです。
しばらく待っていると小さなピヨピヨという鳴き声と共にお母さんのお腹の下から小さな雛達が出てきました。
今朝生まれたばかりなのになんとも動きが速い!でもメッチャちいちゃくてかわいい~♪
思わず「手に乗せたいわぁ」と言ってしまったぐらいかわいかったです。
ちょっと暗くてブレブレですが、こんなかわいい子達が今誕生してますよ~!

コサンケイ

コサンケイ

コサンケイ

↓茶色い子がお母さん、もう1羽の子がお父さん。

コサンケイ


そして左隣のコジュケイにもウズラの卵の大きさ程の卵が2個。写真をPCで見ると卵に日付が書いてありました。4/26と4/27。
コジュケイの卵は18~9日間ぐらいで孵化するそうなので、孵化するとしたら来月半ば頃でしょうか。
でもまだ全然抱卵してないので大丈夫なのかなと思ってあとで別のスタッフさんにお聞きしたら、
産卵してからまとめて抱卵すると同じ日に孵化するからすぐに温めないとのことでした。すごい納得。
だからコサンケイの雛も5羽同時に今朝孵化してるんですね。
セキセイは一日おきに産卵するごとに大体抱卵するので、中止卵か無精卵もあったのかモモと同時期に孵化した子とは1週間違いました。
コジュケイの卵はセキセイ(2~3g)よりも少し大きめ。孵化するまでセキセイは17日間なので私はセキセイと比べると覚えやすいです。

コジュケイ

コジュケイ卵


それから右隣のニジキジも途中交尾をしてましたし、1個卵がありました(鶏の卵ぐらいの大きさ)。
ニジキジは♂1羽、♀2羽で暮らしています。こちらもまだ抱卵はしてませんでした。産卵日も書いなかったですが、まだ産卵してまもないかな?
オスはとてもキレイな羽色をしています。そしてメスは地味めの茶色ですが、でも目の回りの水色がメッチャきれいでした。

ニジキジ

ニジキジ

ニジキジ

ニジキジ

ニジキジ

今ここの3ヶ所では次々雛ちゃんに会えそうなので、是非皆さんも行ってみて下さい。



今日は久しぶりにお会い出来たブロガーさんや、初めてお会いした方ですがとっても有意義なお話を聞かせて頂いて1時間以上お喋りしてた方、
そして初めてですがこのブログのことを知って下さってた方にお会い出来たり、それからいつも色々動物のことを教えて下さるスタッフさん方と
次々たくさんお喋りが出来て充実した一日を過ごしてこれました。だから今日は疲れた感もなしでした。皆さん有難うございました!
ただ1つうっかりしたのが明日はマレーグマのマーズの7歳の誕生日なのに会ってこれませんでした。次行った時に「おめでとう」を言ってきます。


立派なお砂場♪
天王寺動物園のチュウゴクオオカミ舎の新しく改装されたお砂場を見てきました~。
今日は朝一からバッチリ赤ちゃんズも子供達に連れ出されていました。
でも赤ちゃん達もやっぱり結構たくましく育っているようで、絶対に昨年生まれの子達よりも時期的に動きが活発に見えました。
なんせ少し小走りしてる赤ちゃんや自力で産室に戻っちゃう赤ちゃんまでいて。
写真の方は案の定ちゃんとしたのは撮れませんでしたが、でも生であの長~いお砂場を見れただけでも嬉しい♪
子供達走り回ってる様子の動画等は昨日の「動物園スタッフブログ」さんの「新登場の砂場~!ええ感じやねぇ~!」方で是非見て下さい。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

↓相変わらず楽楽の赤ちゃんの扱いは結構すごいところはありますが、でもこうしてあやしてあげてる時もある優しいお姉さん。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ


凛々しい&華麗なゴーゴ♪
天王寺動物園のホッキョクグマのゴーゴです。
今日はちょっとかっこいいお顔のゴーゴと久しぶりに華麗な飛び込み写真を。

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ



チュウゴクオオカミ舎の砂場はオオカミ達に好評やったんかなぁ~?なんてことが今日は頭から離れず。
離れてる時はまたまた睡魔にやられて寝こけている時ぐらいでした。ライブカメラ付いてたらなぁ(*^m^*)
先日少し疲れもあるのかリンパ腺が腫れたんですが、でもまぁそれは一応治ったし、
家にいると薬の影響もあり寝てばっかりなのでGW直前だし明日やっぱ観に行っちゃうかな≡≡≡ヘ( ^^)ノ

(追記)
今日のチュウゴクオオカミ舎の様子を早速「動物園スタッフブログ」さんの「新登場の砂場~!ええ感じやねぇ~!」にUPされていますよ~。
ほんま新しい砂場メッチャええ感じやわぁって動画あり、かわいい動画あり、赤ちゃんの思わぬ行動や、成長の早さに驚いたり。
やっぱりこの記事見ちゃったら明日行っちゃうやろなぁ(=^^=)


予告どおりオオカミ舎変身してるようです!
本日2回目の更新です。天王寺動物園のチュウゴクオオカミ舎ですが、昨日お聞きしてきたとおり、
今日の「動物園スタッフブログ」さんの「チュウゴクオオカミにプレゼント!」にその模様がUPされています。
私がなかなか撮れてないお写真もバッチリ撮られていたり、今日の作業風景のお写真やいつも色々と教えて下さるスタッフさん方、
そしてそして新しく完成した赤ちゃんズの為のオオカミ舎の改装風景。
これはすぐにでもε=ε=ε=(o- -)o行って見てみたいところですが明日はあいにく雨予報なのと、今日はちと疲れからか一日睡魔にやられ…
でもとにかく今週中には是非とも行って見てきたいです。でもGW突入でオオカミ舎前もすごい人気でしょうね。先日からもすごい人だかりです。

↓の写真は昨日とその前に行った時に撮った写真です。1枚目2枚目は楽楽と。4枚目は明明が咥えてます。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ


ヒクイドリさん換羽?&仲良しダチョウ姉妹
天王寺動物園のヒクイドリさん。まだヒクイドリについてはスタッフさんにあまり質問をしたことがないので、
「火食鳥」と漢字では書くとか卵が草に隠れて見えないように緑色をしているということしか知りませんので、少しWikipediaで調べてみました。
かなり太い足をしているなぁと思ったら、やはり体重はダチョウに次いで重いそうです。まぁ個体差はあるかもですが。
でもこの写真を見て気づきましたが、少し羽が抜けているので今換羽の時期に入ってるんでしょうかね。
それにしても地肌が顔などと同じような青い色をしていますね。全部抜けて生え変わる訳ではないと思うので全体は分からないでしょうけど。
しかしじっくり観ると硬そうなトサカがあり、青い顔に首には赤い肉垂があって神秘的な鳥さんですね。(ダチョウと同じく鳥類でも飛べないですが)

ヒクイドリ

そして↓は草食サバンナゾーンにいるダチョウさん達。血が繋がった姉妹かどうかは分かりませんが、女の子同士で少し大きさが違うそうです。
離れて過ごしている時もありますが、でも結構一緒に座っていたり、仲良く移動したりもしているところを見かけます。
こちらのダチョウさん達もじっくり観察してると面白い子達です。

ダチョウ

ダチョウ

↓左側にいたエランドのナナさんが座りこんでいたのでそちらを観てると右からダチョウさんダッシュしてやってきました。
縦位置の写真にする余裕もなかったので中途半端な写真になってしまいましたが、流し撮りしたので少しは雰囲気は伝わるでしょうか。

ダチョウ

ダチョウ

↓ダチョウさん1枚目の前に撮影した写真です。最初は座っているエランドのナナさんの横に立っていました。

エランド ダチョウ


ニホンイヌワシペア&チュウゴクオオカミ赤ちゃん達情報
天王寺動物園のニホンイヌワシさんペア。まずは姫神さん♀。
1枚目ちょうど羽を一瞬伸ばしたところを撮れたんですが、迫力ありますね~。
3枚目ちょうどウンチ中。イヌワシのウンチってこんな感じなんですね。
4枚目からは♂の朱鷺君。猛禽は♀の方が体が大きいとのことなので、姫神さんの方がちょっと迫力あるかな。
でも朱鷺君は優しい雰囲気を持ってる気がしますね。

ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ



それからチュウゴクオオカミの赤ちゃん達ですが、相変わらず昨年生まれの子供達が連れ出して砂場にいたり、
また放飼場で咥えているところを落っことされたりもして結構過激な生活をしているようですが、でもたくましく育つでしょうね。
一昨日は砂場の端に誰の背中か忘れましたが2頭ぐらい乗っかってお昼寝してるなと思ったら、なんと6頭もそこにいました。
少しずつユジンさんが産室に戻したりもしていましたが、途中砂場の所で授乳もしていました。
目もしっかり開いているし、歩いているような這っているような感じですが少し自力で動いてくれていますよ。
今日も4頭ぐらい出てたと思いますが、でも日中はあまり観てないですが、収容前に明明が2度連れ出して一瞬で産室に戻していました(3枚目)。
明日新しく砂場を設置されるとのお話だったので、今週はまた違った放飼場に変身していると思うので行かれる方はお楽しみに~♪

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ



大阪市役所での写真展には長年の鳥友さんが最終日見に行って下さったそうですし、
昨日は知り合いの方々が早速に通天閣に見に行って下さったそうです。皆さんお忙しい中有難うございますm(_ _)m
私も今日帰りに行こうかと考えていましたが、新世界の辺りに結構人が多かったので時間的に通天閣も混んでそうだったし、
頭痛と足の痛みもあったので、結局寄らずに帰ってきてしまいました。


ゾウさん達と藤棚
天王寺動物園のアジアゾウの春子さん(手前)とラニー博子さん。
15時半前に覗きに入ったので、おやつタイムでもなく、まだ収容時間でもなかったのでのんびり中です。
今ゾウさん達の放飼場の所にある藤棚の藤がとても見頃でキレイに咲いています。白いのもあります。
ホッキョクグマのゴーゴの放飼場の上にも咲いてるんですが、ゴーゴと一緒に撮るには広角じゃないと無理なので撮ってません。
4/11春子さんの来園60周年の時はまだほとんど咲いてなかった藤ですが、
桜が終わってもまだまだあちこち動物と一緒に見ることが出来る花もあっていいですね。

ゾウ

藤

藤

藤

ゾウ

ゾウ


ゴーゴの腕の見せどころ!
天王寺動物園のホッキョクグマのゴーゴ。
先日新聞にも大きく取り上げられていましたが、ゴーゴは確実におもちゃ=道具を使いこなしていると思います。
私が昨年秋に最初に黒ポリタンクで落とすところを偶然帰り際に目撃してから今に至るまでどんどんと頭を使っています。
肉氷が吊るされると真下でチェックしてそして道具を探す。それから取りに行き肉氷(獲物)を捕ることを始めます。
黄筒等の場合は投げて落とすと言う手段を使ったり、棒の場合は立てて落としたり、棒を咥えたまま飛び上がる。
今日のUPの写真はほぼしっかりと咥えて飛び上がり、そして棒の先を氷に当てて落とすようにしていました。
先日の新聞でも書いていたように最初は時間もかかっていましたが、今では6~7分で取れることが多い気がします(私が観た時は)。
そして取れた喜びを体で表したりもすることも見られる時があり、ゴーゴ自身とても楽しんでいるようにも見えます。
最近活鯉を捕まえた時も時々即口に入れずにしばらく前両足でジッと鯉を持って見ていたり、壁に押し当てたりもしています。
取れた喜びを味わっているんでしょうかね。

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ



それから先日も少し書きましたが、もう一度お知らせをさせて下さい。
明日4/24~5/10まで天王寺動物園すぐ傍の通天閣2階で天王寺動物園の動物写真展が始まります。
今日夕方出展者の方々何人かで展示作業をしてきました。作業に2時間余りかかりましたが、でも見やすい展示になっているかと思います。
是非皆さんよろしかったら足を運んでみて下さい。よろしくお願いします。↓のポスターはちまこさんが作って下さいました。

通天閣写真展


たぶんカスピ?
天王寺動物園のライオン達。みんなで4頭います。♂のレオ、♀のネルとチー母娘とカスピ。
ここのところネルでもなさそう、チーでもなさそうな子がいるなぁと思ってよく観てみるとやはり特徴が違います。だからカスピだと思います。
そういう時は♀はその子しか出てないですし。と言うことは♀2頭が出ている時はネルとチー母娘ということになります。
少しずつレオとの同居もしているようですね。でも関係は離れているところしか観てないので???です。

ライオン

ライオン

↓この格好メッチャかわいくないですか?

ライオン

↓からはまた別の日に撮影。

ライオン

ライオン

↓は珍しく上のガラス面から撮影したレオです。

ライオン


チュウゴクオオカミ赤ちゃんズ最新情報~!
本日2回目の更新です~。天王寺動物園の4/7誕生のチュウゴクオオカミの赤ちゃん達。
今日(4/21)の「動物園スタッフブログ」さんの「めっっちゃ女系家族やんか~!」に赤ちゃん達の最新情報がUPされていま~す!
性別や体重等も1頭1頭お写真入りで紹介されています♪ さて気になる赤ちゃん達の性別は…。('-'。)(。'-')。ワクワク

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ


動物の視線
天王寺動物園のウンピョウのフーシ♂。動物をアップで撮ると余計に視線というのが重要ですよね。
少しの視線の違いでも大きく写真が変わってしまう。でもそこが動物写真を撮る楽しさでもありますね。
フーシはとても大きな凛々しい目をしているのでよりそれを感じます。
でも視線だけではなく、目で何かを伝えてくることもあるので、それは観察する面白さであったり、感じるものであったりすると思います。

ウンピョウ

ウンピョウ

ウンピョウ

↓はフーシと同じ日に撮ったレッサーパンダの放飼場内にいたスズメちゃん。スズメちゃんの視線もちゃんと伝わってきます。

スズメ


コンドル達のある行動
天王寺動物園のコンドルのウォーレス♂。1978.05.04ニューヨーク生まれでまもなく32歳。
日本の動物園を2ヶ所移動して天王寺動物園には7年前の3月にやってきました。
気づいておられる方も多いと思いますが、右隣の建物の中には♀の子(フレアーかな?)がいます。
そして今日の写真のウォーレスがしている羽を広げる行動、最初ニホンイヌワシ達を撮影している時に気づきました。
「あんなにずっと羽広げたまま何してんねんやろ?」と思いました。
そして一昨日行った時にクロコンドルだったかな?も同じように羽を広げたままにしていました。
ちょうどスタッフさんとお話をしながら歩いているところだったのでお聞きしてみると、
この行動は太陽の熱を吸収する為に広げているそうです。コンドルという子達はみんなこの行動をするそうですよ。
またまた一つ勉強になりましたφ(.. ) メモメモ あ、それから前園長から以前教えて頂いたお話です。
どこまで分類されるかは分かりませんが、うちのセキセイに例えると♀の卵巣は左側にあり、♂の精巣は両側にあります。
だから生殖器の病気になると♀は左足に麻痺が出ることがあります。うちのセキセイの♀でもそういう子がいました。
だから私は元々セキセイの卵巣は左側だけだと思っていましたが、右側はあったものが退化してしまったそうです。
反対に猛禽類は右側が残り左側が退化してしまったんだそうです。でもキーウィは両側に卵巣があるそうです。
同じ鳥類でも様々なんですね。両方の疑問は普通に調べてもなかなか分からないと思うので教えて頂けてほんと勉強になりますm(_ _)m

コンドル

コンドル

コンドル

コンドル


楽楽(らら)と赤ちゃん♪
天王寺動物園のチュウゴクオオカミっ子。昨日少しUPしましたが続きです。
昨年3/29生まれの楽楽と今年4/7生まれの赤ちゃん。1歳違いの「きょうだい」。
今年は昨年とは違い、上の子が下の子の世話をする光景を観ることが出来るんですよね。
昨年はチュンサン父さんがよく産室に入って行くのを見かけましたが、今年は最初の数日はそんな感じもありましたけど、
今は時々しか入って行くところは見かけない気がします。出入り口前で寝そべってるか、子供達とじゃれたり、ケンカしたり。
その分楽楽がユジン母さんと一緒に顔を傷だらけにしながらも頑張ってます。萌萌も手伝ってくれてるようですが。
ただ昨日夕方はユジンや楽楽、萌萌は外に出て昼寝し、明明が産室に入っていたので今後どう変わっていくのかも楽しみです。
こらくさんとこの時ご一緒だったので「チュウゴクオオカミ 楽楽の子育てヘルパー修行」でかわいいお写真と動画をUPされています。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

↓はオオカミ舎前のキリン舎の花壇に咲いているツツジです。今年も徐々に咲き始めています。
昨年もちょうどユジンさんが赤ちゃんを咥えて出てきた頃から咲き始めていたのでその頃のことをすごく思い出します。

ツツジ


2010年天王寺動物園「飼育の日」特別イベント!
昨年から制定された4/19の「飼育の日」。今年は天王寺動物園は休園日の為今日4/18にイベントがありました。
「ホッキョクグマとアジアゾウの特別ガイド」「アイファーdeビンゴ」「草食・肉食サバンナゾーン ぐるっと1周ガイドツアー」
と3つのコースがあり、私は3つ目のサバンナのガイドツアーを観てきました。
13時にカバ舎前からスタートし、まずはカバの透視プールでティーナのおやつタイム、そしてクロサイのガイド、
草食サバンナゾーンのガイド、ブチハイエナのガイド、ライオンのガイド(ライオンに上からおやつ投入)、
ヤマネコ舎(スナドリネコやウンピョウ等)、ヒョウ舎(ジャガーやヒョウ)、トラ舎、チュウゴクオオカミ、キリンの室内ガイドと
次々に飼育担当さん方が交代でガイドをして下さいました。
今日は朝からいいお天気だったというのもあり、たくさんのお客さんがそのガイドツアーを聞きながら回られてました。
私も最後まで一緒に回りましたが、ただ草食サバンナのガイドを聞いてる時にまだ完治してない膝を前にいたお子ちゃまに
コツンと蹴られてしまい、これは大勢の人の中にいたら危険かと思って、それからはいつも動物達の写真は撮ってるので、
前に行かなくてもガイドを聞けたり、マイクは使われてますが聞こえないぐらい人が多い時は一緒に付いて回られてるスタッフさん方に
色々教わったりしながら回りました。キリンの室内ガイドが終わったのは15時頃だったと思います。
↓は所々で撮影した動物達の写真です。全部は撮ってません。まずはティーナのおやつタイムから。

カバ

↓は以前今のクロサイ舎に移動した時にサッちゃんが少しパニックになり、角が取れてしまったそうです(もちろんまた生えてます)。

クロサイの角

↓草食サバンナのガイド中のシマウマのカミリとエランドルナ。

シマウマ

エランド

↓一番下の辺りに人の頭が写ってますが、上段の所から撮影。草食動物達も奥に見えます。
実は草食サバンナのガイドはクロサイ舎から移動した入り口付近でされたのでサバンナにいる子達が傍にくるように
サバンナ担当さんはその近くに青草等を撒かれ、ハイエナに移動するとまたハイエナのガラス面向こうにキリン達が見えるように
その辺りに餌を撒かれ、ライオン舎に移動したらまたその辺りに来るように撒かれていたんです。(↓2枚目にスタッフさんがおられます)
だから常に間近で観れたり、肉食と草食動物が一緒に観れるようにして下さっているんだと途中で気づいた時はかなり感動でした。

ライオン 草食動物達

キリン エランド シマウマ

↓最終地点のキリンのハルミちゃんの室内展示のワンポイントガイド。

キリン

2時間余りスタッフさん方はほんとに大変だったことと思いますが、でもこういうリレーワンポイントガイドはとても新鮮ですごく楽しかったです。
スタッフの皆さん、楽しませて下さって有難うございました。



それから今日のチュウゴクオオカミの赤ちゃん情報ですが、今日は朝一から赤ちゃんは出ていました。
たぶん楽楽が咥えて連れて出た子をなかなか中に入れようとしなかったからです。途中少し入れるも結局11時半頃まで出ていました。
でも楽楽はまだ赤ちゃんの咥え方というか咥えるところがユジン母さんとは違う為、赤ちゃんは時々大声で鳴いていました。
写真は朝は日差しの関係でガラス面からの撮影も結構難しく、網目からも網に光が反射してほとんどまともな写真も撮れておらず…。
赤ちゃんは目も開いていて、這うような格好ですが自分でゆっくり移動も出来てました。
↓赤ちゃんと一緒に写っているのは楽楽です。他の子達が近づくとかなり怒っていました。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ


おやつタイムで草食サバンナのみんな大集合!
天王寺動物園の草食サバンナゾーンにいる動物達です。
飼育担当さんがおやつの葉やヘイキューブなどの入ったカゴを持ってサバンナゾーンに入ってこられると、
みんなサバンナテラスの前の辺りに集まってきます。
そしてキリンのケニヤにはサバンナテラスすぐ傍で樫の葉をもらい、担当さんが少しワンポイントガイドをして下さったりもあります。
キリンの目線でキリンを観たい方はこの時に行かれるとバッチリ観れます(ただハルミちゃんの発情中は寄ってこないこともあり)。
ただこのおやつタイムのアナウンスはありません。時間は13時頃~14時の間ぐらいにされることが多いですが、
でもたまにない時もあったり、午前中にされることもありますので、観れなかったらすみません。その時はまた次回行ってみましょう(^o^)/

↓奥からダチョウ達、手前立ってるのがエランドのルナ、座ってるのがナナ、シマウマ奥ヒデヨシ、手前左カミリ、右ミカ、一番手前ノリコ。

シマウマ エランド ダチョウ

↓左体半分しか写ってませんがエランドのナナ、キリンのケニヤ、手前左からシマウマのノリコ、カミリ、ミカ、ヒデヨシ、エランドのルナ。

キリン エランド シマウマ

↓ルナちゃんが好奇心旺盛でかなりサバンナテラスに走って寄ってきてます。

エランド シマウマ

↓飼育担当さんがガイドをして下さりながら、ケニヤの長い舌を見えるようにして下さってます。

キリン

キリン

↓不思議そうになのかな?ルナちゃんが愛らしいお顔でそれを見ています。

エランド

↓担当さんがサバンナゾーンに下りて地面に草を撒いたり、木に葉を引っ掛けたりされてるところにルナちゃんが。カゴに興味あり。

エランド

↓やっぱりつまみ食いしちゃってます。


エランド

エランド

↓シマウマグループ。手前左ミカ、右カミリ、奥左ヒデヨシ、右ノリコ。

シマウマ

↓シマウマのカミリとエランドのルナちゃん。ルナちゃんがまだサバンナに出る練習中思いきり追いかけっこしてたことがありました。

エランド シマウマ

↓左からルナちゃん、真ん中キリンのハルミちゃん、右カミリ。

キリン エランド シマウマ

↓キリンカップル。左ケニヤ、右ハルミちゃん。

キリン


テッちゃんのあくびの予感
天王寺動物園のカバのテツオ君。連写写真です。
この日テッちゃんのプールを覗くとテッちゃんがいつもとは違う位置で向きも違って少し顔を出していました。
「テッちゃ~ん」と呼びながら「いつもと違うからもしかしてあくびとかするんかなぁ」と思いカメラを構えてみました。
そしたら1分もするかしないうちにやっぱりテッちゃん大あくび。予感的中でした(=^^=)
その後はまた潜っていつもの位置に戻ったので、何とも偶然にテッちゃんのあくびが撮影出来た日でした。

カバ

カバ

カバ

カバ

カバ



今日の「動物園スタッフブログ」さんに「飼育の日特別イベント」の告知が書かれています。
そう言えば昨年4/19の「飼育の日」にゾウさんのイベント観に行きました。あれからもう1年になりますか。
今年は明後日の4/18にされるそうで、今回は3つのコースがあるようです~!



ちょっとお知らせを…。来週4/19~4/23まで大阪市役所の市民ギャラリーで、天王寺動物園で撮影された動物写真の写真展があります。
私もお声をかけて頂き参加させて頂くことになりました。16~7名の方が参加されています。
4/24~5/10までは通天閣の方に移動してそちらでも展示して下さるそうです。
天王寺動物園へ行かれる前や行った後に通天閣に行かれるご予定の方はよかったら覗いてみて頂けると嬉しいです。
私はこのカバのテッちゃんとティーナの写真と、昨年生まれのチュウゴクオオカミの子供達の写真で参加させて頂いてます。
今年生まれのチュウゴクオオカミの赤ちゃん達、5月初旬頃からはもしかして自分で放飼場を歩き回ってるところが生で観れるかもですよ♪


なんといきなりの赤ちゃんお目見え!!!
天王寺動物園のチュウゴクオオカミさん。
4/7に誕生した赤ちゃん達ですが、今朝行ってみると何やら産室の中でユジンさんや赤ちゃん達の悲鳴が聞こえてきていました。
「わ、赤ちゃんの声や!」と思いながらも「なんや、なんや」と思っていると・・・
なんとユジンさんが赤ちゃんを咥えていきなり登場してきました!もうビックリするやら慌てるやら。
カメラの設定を変えることも頭になく、そのまま撮っちゃいました。が、やっぱりピンボケばっかりo(;△;)o
それにユジンさんの高速回転は普通でも撮影がすごく難しいのでこれから練習をせねばと思っていたところでした。
でも今日のところはズルさせてもらって、シャープをかけて、1枚(2枚目)はトリミングさせてもらいました。
この時結構ユジンさんはグルグル回りを繰り返していて、そして入ったかと思ったらまた出てきたり。
その後は一昨日から産室に入ることを許されている楽楽が赤ちゃんを咥えて入り口に一瞬立ちました。これもビックリ。
ただ残念なことに赤ちゃんの前に誰か立っちゃいました~。

まさかこんな早い時期に会えるとは思ってなかったので嬉しいビックリでした。
その後は15時まで観てても咥えて出てくることはなかったので、朝一行ってなければ会えないところでした。
これはすごい偶然でもありますが、昨年生まれの子をユジンさんが咥えて出てきてくれたのを私が初めて見たのも4/15でした。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

↓が楽楽です。

チュウゴクオオカミ


2010年、チュウゴクオオカミ&コアラの赤ちゃん誕生♪
今日天王寺動物園さんより嬉しい発表が2つありました。
まず4/7チュウゴクオオカミのユジン♀とチュンサン♂の間に今年も赤ちゃんが7頭誕生しました!おめでとう~♪
昨年よりは少し時期がずれるというのは最終交尾の日からみて分かっていましたが、とても待ち遠しかったです。
4/8の朝ユジンさんの姿がなく、ちょうどスタッフさんが来られたのでお聞きすると産まれたとのことでした。
でもその日はチュンサンや昨年生まれの子達は中には入れないようにされていました。
そして先日行った時に「今日から産室の隣の戸を開けました」とお聞きし、観ているとチュンサンも子供達も嬉しくて出たり入ったり。
チュンサンは中で座り込んだりもしていました。ただまだ隣の産室に入ってはいけないことはチュンサンは分かっています。
でも子供達はユジンさんが恋しいのか興味があるのか覗こうとしたり、産室に敷いてる藁をちょこっと咥えて持ち出したり。
まだ赤ちゃん達のお顔を観れるのはもう少し先になりますが、無事誕生してくれて本当に嬉しいです。
赤ちゃん達に会えるまでに昨年生まれの子供達の個体識別が出来るようになれたらと思ってます。
顔ではまだ判別出来ないですが、特徴を教えて頂き、先日ずっと張り付いて観ていて少しだけ分かるようになってきました。
ただチュンサンとユジンさんはすぐ分かるので、チュンサンが中にいるか外にいるかとかユジンさんが顔を出すと分かるので、
判別出来ててよかった~と先日つくづく思いました(=^^=)

↓はまだ出産前のユジンさん。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

↓先日のみんな。1枚目チュンサン。2枚目ちょこっとだけ出てきたユジン。3枚目ユジンが出てきて嬉しくて集まる子供達(真ん中ユジン)。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

↓15時になり産室隣の網の戸が閉められるとチュンサンや子供達は大パニック。しばらく覗いたり走り回ってました。
覗いているのは右からチュンサン、楽楽、萌萌ですかね。

チュウゴクオオカミ

↓その後諦めたのか各々取っ組み合いして遊んだり、チュンサンは寝転んだり走ったり。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

今年は赤ちゃんが出てきても昨年よりは撮影がかなり困難になりそうな予感です。昨年生まれの子供達がとにかく走り回るのでf(^^;)



そしてもう一つ嬉しい発表は、コアラのアーク♂とスピカ♀の間に赤ちゃん誕生!おめでとう~♪
出生が確認されてから半年が経つので、今後屋外展示場にスピカと共に愛らしい姿を見せてくれるのが楽しみですね。
コアラの赤ちゃんってこれまで会った記憶がないので、私としてはすごく楽しみが大きいです。
天王寺動物園さんが公開されたスピカと赤ちゃんのお写真ですが、なんとも愛情が感じられるほのぼのとするお写真です。
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/yutoritomidori/0000076274.html
↓の写真は昨年撮影ですが、1枚目がスピカ、2枚目がアークです。

コアラ

コアラ

今後もし「動物園スタッフブログ」さんでご紹介されることがあればまたリンクを貼らせて頂きますね。


ぽかぽか陽気で眠いマーズ( ̄(エ) ̄)zzz
天王寺動物園のマレーグマのマーズ♂。
この日マーズを覗きに行った時、ふと見ると長~い舌を出して大あくび中でした。急いでカメラを構えるも間に合わず(;_;)
久々にマーズの長い舌を見ることが出来たのに撮影出来なくて残念。ちょこっと舌を出してるのはその後ちょっとペロペロしてたんで。
その後は上の段から下りて眠そうに横になって寝始めましたが、これがまた豪快な寝方でかわいいんですよね。
一旦起きたかと思ったら場所を移動して、私にはちょっと珍しいと思える位置でまたお昼寝してました。
日差しが当たって気持ちよかったんやね、マーズ!
私は動物園にいると睡眠不足でも全く眠くならないのに、家だと何度も睡魔にやられ、先日は動物園の帰り珍しく電車内で寝てしまいました。

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ


朱鷺君は水好きかな?
天王寺動物園のニホンイヌワシの朱鷺君♂と姫神さん♀。(1枚目の写真では左が朱鷺、右が姫神。2枚目姫神、3枚目朱鷺)
朱鷺君が入ってる穴には水が入ってるんですが、私は時々朱鷺君がこの中に入ってジッとしてるのを観ます。
でもバシャバシャ水浴びしてる感じもほとんどなく、ただお風呂に入ってるって感じでジッとしてます。
そこへ時々姫神さんが横まで見に行ってますが、また立ち去ったりしています。
4枚目5枚目は別の日です。この日は柵の傍の木に2羽とも乗っていました。左が朱鷺君で、右が姫神さんです。

ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ

ニホンイヌワシ


ゾウの春子さん、来園60周年のお祝い♪
天王寺動物園のアジアゾウの春子さん、62歳。4/14で来園60年ということで今日お祝いのイベントがありました。春子さん、おめでとう!
今年も飼育担当さんお手製の食パンや果物で出来た特製ケーキがプレゼントされました。
プレゼントをされる前に少し担当さんがお話をして下さったのですが、春子さんは何か出てくるのが分かっているのか、
「早く、早く」と言わんばかりに岩に足を置いたり、鼻で水を吸って鼻シャワーしたりしてました。頭がいいです。
そしてケーキを春子さんの傍に持って行こうとされた時、奥の方に行きかけましたが大丈夫だと分かると戻ってきて即食べてくれました。

ゾウ

ゾウ

ゾウ

ゾウ

ゾウ

ゾウ

ゾウ

↓はイベントが始まる少し前の様子。奥にいるラニー博子さんは何かを察してか少し怒ってる様子で、鼻をブンブン振り回して鳴いたり、
鼻シャワーを何度かやっていました。ゾウさんって相手のゾウさんの気持ちが低周波音によって伝わるんですよね。すごいですね。

ゾウ

ゾウ


やっぱりゴーゴにはタイヤもおもちゃ&新たな道具!
天王寺動物園のホッキョクグマのゴーゴ(少し前の写真ですが)。
ゴーゴはこの1年で遊び方も変わったところもあると思いますし、新たに道具としてきちんと認識も出来てると思います。
この日も朝からタイヤがあるとちゃんと道具としての予習もしつつ豪快に遊んでました。
もちろん午後から投入された肉氷があることも知るはずもなく突然だったのに。
ゴーゴはいつも遊びながらも道具として使う練習もしてるってことですね。やっぱすごい子です!

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ

ゴーゴ


天王寺動物園のオラン達!
天王寺動物園にいるオランウータン達です。この日は屋外に♂のミミと♀のサツキがいて、室内に♀のモモコがいました。
室内と屋外には交替でサツキとモモコが出ます。
いつも室内を覗くのは夕方近くになってからが多かったので中が暗くて撮影してもブレて全然撮れませんでした。
でも先日はお天気もよく、お昼前に覗いたこともあって中は少し日差しが入って明るくお顔もじっくり観れて撮影も出来ました。
屋外のミミは1枚撮った途端に動いて撮れなくなったので1枚のみ。
サツキも少しすると移動してしまいましたがちょこっと撮らせてもらいました。

↓室内のモモコちゃん

オランウータン

オランウータン

オランウータン

↓ミミくん

オランウータン

↓サツキちゃん

オランウータン

オランウータン

オランウータン



↓の桜はラクダ舎の上の土手から通天閣方面を撮りました。
次の月曜日が本降りの雨になるとの予報なので、大阪の桜もこの土日が見納めかもしれないですね。
でも私は今年も京都には撮影に行かず、天王寺動物園内の桜でお花見を満喫させてもらいました。

オランウータン

ラフちゃん、生後1ヶ月!
天王寺動物園の3/8生まれのフタコブラクダのラフちゃん♀、今日で生後1ヶ月です。
元気に育ってくれていてほんとに嬉しいですね。
生後3日目にみぞれ混じりの大雨が降ったりと生まれた途端に困難なこともありましたが、何ともなくてよかったです。

ラクダ

ラクダ

ラクダ

ラクダ

ラクダ

ラクダ

ラクダ

ラクダ

ラクダ

ラクダ


シマウマ親子スリーショット!
天王寺動物園のグラントシマウマ。天王寺動物園には4頭のシマウマ達がいますが今日の写真は親子3頭を。
10日程前の写真です。父親はヒデヨシ、母親はミカ、昨年10/25産まれの男の子カミリ。
ミカ&カミリとヒデヨシが一緒にサバンナに出始めたのはまだ最近です。それまでは曜日ごとに交替で出てました。
1枚目はミカ(右)&カミリ。そこへ向かって左からヒデヨシが近づいてきます(2枚目奥にいるのがノリコ)。
カミリはヒデヨシに威嚇して怒ってますが、でもヒデヨシはカミリは眼中にないらしいです。目的はミカ。
6枚目の写真ではミカ(真ん中)を手前のヒデヨシがニオイを嗅いでいるように見えます。
7枚目ではミカもまんざらでもなさそうにヒデヨシのニオイを嗅いでたように見えました。この後はすぐに離れました。

シマウマ

シマウマ

シマウマ

シマウマ

シマウマ

シマウマ

シマウマ

シマウマ

ここ数日急に草食サバンナのライブカメラが見れなくなっているようですが復活するのでしょうか…。いつも楽しみに見てるんですけど。


ぷーこちゃんにもハチミツ!
天王寺動物園のニッポンツキノワグマのぷーこちゃん♀。
先日マレーグマのマーズのハチミツまみれの写真をUPしましたが、その前にぷーちゃんも同じようにもらっていました。
ぷーちゃんはハチミツまみれ程にはなってないですが、ちょこっと頭に付いてますね。
おいしそうにペロペロと地面に垂れたハチミツを舐めていました。
4枚目の写真は「ぷーちゃ~ん、ちょっとだけこっち向いてくれへんかなぁ?」とお願いすると向いてくれました。ありがと(o^-^o)

ニッポンツキノワグマ

ニッポンツキノワグマ

ニッポンツキノワグマ

ニッポンツキノワグマ

↓はぷーちゃんを観た後ゴーゴの所に行こうとした時にメガネグマのダイスケが傍で下を向いてゴソゴソしてたので、
「ダイスケ~」とちょっと呼んでみると顔を上げてくれました。みんなほんまかわいいです♪

メガネグマ


カワリクマタカさん、水浴び!
天王寺動物園のカワリクマタカさんです。
覗いた時に地面に下りてるからもしかして水浴び中かなと思ったので観ているとやっぱりそうでした。
その前に覗いたニホンイヌワシの朱鷺君も水浴びはしてないけど、水に浸かってました。結構観ます。
水浴びが終わって少しすると向かいのウンピョウのフーシが出てきたのでそちらを観てると、
かわいい声でカワリクマタカさんが鳴いてました。顔もかわいいけど鳴き声もかわいいです。

カワリクマタカ

カワリクマタカ

カワリクマタカ

カワリクマタカ

カワリクマタカ

カワリクマタカ

カワリクマタカ

カワリクマタカ

カワリクマタカ


草食サバンナのエランドの女の子達!
天王寺動物園のエランドの今年やってきたルナちゃん♀の正式公開が始まってます。3/27付け「なぞのお嬢さん♪」で少し触れましたが、
今日の「動物園スタッフブログ」さんの「エランドのルナちゃん展示はじまっています!」で詳しくルナちゃんが紹介されています。
それに私は「ナナさんがしないあることをルナちゃんはします」と以前書いたのですが、
それが何なのかが「エランドのルナちゃん展示はじまっています!」で動画でUPされています。
私は何度も再生しちゃいましたが、たぶん皆さんも何度も見たくなられるんではないでしょうか。
私は外に出る練習が始まった2日後(猛獣脱走訓練の日)に初めて会ったのですが、これまでに2度似た光景を観ました。
是非それを今日の「動物園スタッフブログ」さんの動画で見てみて下さい。
スタッフさん目線のかわいいナナさんとルナちゃんのお写真もUPされてますよ~!

↓今日の写真は3日分のナナさんとルナちゃんの写真です。1枚目はルナちゃん。

エランド

↓左ナナさん、右ルナちゃん。微笑ましい~♪

エランド

↓ルナちゃん

エランド

↓左ルナちゃん、右ナナさん

エランド

エランド

↓手前ナナさん、奥ルナちゃん

エランド

↓ナナさん。ルナちゃんと一緒に出てるとナナさんも楽しそうです。

エランド




プロフィール

くろしお(♀)

くろしお(♀)
カメラはEOS KissDN、EOS 40D、50D、70D。フィルム一眼はペンタとEOS。ほぼ天王寺動物園の動物達や園内を撮影



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



月別アーカイブ



鳥クロスステッチ図案Shop

ショップは↓こちらから

↓の本にこのショップが
紹介されています






コアラの時計


by Animal Web Clock





QRコード

QR



タグ

ゾウ シロクマ キリン トラ コアラ サイ ライオン ペンギン レッサーパンダ アジアゴールデンキャット ムフロン ブチハイエナ エランド メガネグマ コビトマングース アシカ ラクダ タイマイ シマウマ カバ 野間馬 ソデグロヅル ジャガー マレーグマ ウンピョウ ダチョウ ホロホロチョウ ヒョウ チョウゲンボウ オオタカ エミュー スナドリネコ ホオジロカンムリヅル モモイロペリカン ミミナガヤギ ヒメコンドル セーカーハヤブサ キガシラコンドル イヌワシ サポーターイベント チュウゴクオオカミ コクチョウ ピューマ ドール グリーンイグアナ ボアコンストリクター オランウータン ニッポンツキノワグマ ミズオオトカゲ ヨウスコウワニ ベンガルヤマネコ ソウゲンワシ スッポンモドキ コヨテ フクロテナガザル B'z アフリカハゲコウ ケープハイラックス ヌートリア ゾウガメ ブラッザグエノン 動物感謝祭 ニホンコウノトリ インドホシガメ 脱出猛獣捕獲訓練 ニューギニアナガクビガメ オシドリ ヒツジ ワライカワセミ アネハヅル コサンケイ クロコンドル オジロワシ コフラミンゴ フラミンゴ タンチョウヅル ニホンイヌワシ バーバリーシープ ナベヅル セグロジャッカル アメリカアカリス チンパンジー エジプトガン カメ ヤギ エリマキキツネザル ツキノワグマ コンドル 天王寺動物園フィルム撮影 シロフクロウ セキセイインコ  マンドリル ウサギ トウブハイイロリス ヒクイドリ 紅葉 カラフトフクロウ アオサギ ゴイサギ リクガメ ネコ アオウミガメ フクロギツネ カワリクマタカ タンチョウ オオヅル コサギ ニジキジ コジュケイ 飼育の日  サザンカ 阪神タイガース リス アマサギ セミ  ニホンツキノワグマ  モクレン 文鳥 ヒヨドリ トムソンガゼル ユキヒョウ  アカゲザル ハクセキレイ ワンちゃん インコ リスザル パンダ カワウソ シロテテナガザル 八坂神社 円山公園 清水寺 ゴリラ 無燐庵 カモ カモメ 夕景  アルパカ コバタン ヨウム フクロウ チワワ  バラ シュバシコウ アムールヒョウ ヒガンバナ スズメ コスモス 夕日 アカカンガルー ルリコンゴウインコ フサオマキザル オカメインコ サザナミインコ シママングース シマリス プレーリードック クラゲ コツメカワウソ クロシロコロブス モルモット イトマキエイ ジンベイザメ イルカ ラッコ カルガモ ヒマワリ ライトアップ パンジー ハイビスカス ガーベラ アジサイ ネコちゃん 新緑 オオカミ ワオキツネザル オオハシ トキイロコンドル ハト ミーアキャット アナホリフクロウ キンシコウ  哲学の道 琵琶湖疏水 水路閣 南禅寺 インクライン モモイロインコ ネモフィラ クジャク メジロ 太平洋 クリオネ 菜の花  蝋梅  エノコログサ ひまわり   オオアリクイ バッタ ワラビー カピバラ ミカン  アカハナグマ ポピー エイ アザラシ マンタ プードル 青空  ペリカン マガモ ムクドリ チューリップ ムスカリ スイセン シカ くすぐりエルモ シジュウカラ サギ アライグマ ダルメシアン 京都 鴨川 カモシカ もみじ 大阪城 カニクイザル ススキ ウォンバット   赤とんぼ センイチ レモン  サルビア ガザニア アフリカサバンナ ホソバヒャクニチソウ  シーズー 



ブログ内検索



このブログの写真の無断使用はお断りします。もしご使用の場合はBBSかメールにてお問い合わせ下さい







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。