くろしお写真Blog
動物園(ほぼ天王寺動物園)の動物達、我が家の鳥達、野鳥や花などの写真をUPしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フーシ、爪とぎ
天王寺動物園のウンピョウのフーシ♂。
これは先週の写真ですが、昨日も観ましたがフーシが木でガリガリと爪とぎしてました。
3枚目、いつもですが岩場の中で頭を上にこするようにしながら大きな口を開けます。

ウンピョウ

ウンピョウ

ウンピョウ

ウンピョウ



先日届いたDVDを今日見ましたが、5年近く前にやってた放送を見た時とはまた違った印象でした。
放送された頃私はまだ「動物写真を撮る」ことだけ考えて、動物園動物の生態やそれぞれの個体に興味を持ってなかったし、
それで今ドラマを見た感情も少し変わったのかもしれません。


スポンサーサイト
屋外に引っ越したゾウガメ達
天王寺動物園の爬虫類生態館アイファーから6月16日に屋外のひつじ広場にお引越ししたゾウガメ達です。
何頭出たのか数えてなかったですが、アルダブラゾウガメ、ケヅメリクガメ、ヒョウモンガメ、スマトラムツアシガメの4種です。
最初の3種は複数ですが、スマトラムツアシガメは1個体だけだそうです(奥隅にいたので写真は撮れず)。
まだまだ私にはすぐに見分けはつきづらいですが、今日もちょうど担当さんがおられたのでお聞きしながら観てました。
1枚目がアルダブラ、2枚目がケヅメ、3枚目がヒョウモン、4枚目は下がたぶんヒョウモンで上がケヅメ。
これは交尾ではなく自分の方が順位が上だということをアピールする為に乗ることがあるそうです。
5枚目は手前と右がケヅメ、乗っかりかけてるのがアルダブラ、右上がヒョウモンだと思います。
6枚目は担当さんが置かれた青草や野菜を取り合ってる左ケヅメと右アルダブラ。

アルダブラゾウガメ

ケヅメリクガメ

ヒョウモンガメ

ヒョウモンガメとケヅメリクガメ

アルダブラゾウガメとケヅメリクガメと ヒョウモンガメ

アルダブラゾウガメとケヅメリクガメ


春子さん&ラニー博子さんの食事タイム
天王寺動物園のアジアゾウの春子さん♀(1~2枚目)とラニー博子さん♀(3~4枚目)。
先日少し時間が回ってしまっていましたが、13時からのゾウ達の食事タイムを観ることが出来ました。
春子さんはそのまま食べる時と何か気になる物が付いてる時もあるようで時々水で洗いながら食べてました。
右目が白内障の為見えないのに、本当によく見てるんですね。

ゾウ

ゾウ

ゾウ

ゾウ



春子さんは現在64歳で日本で2番目の長寿のアジアゾウですが、日本一長寿のゾウは東京井の頭のはな子さんです。
5年程前に戦争中からのはな子さん達動物の実話をドラマ化されていました(反町隆史さん、北村一輝さん出演で)
それをビデオ録画したかも忘れ、ビデオも1年半以上触ってないので昨年ぐらいからかなりあちこちでDVDを探しました。
ただ廃盤になって回収されてる為ショップにはなく、中古しかないのでレンタルショップ(販売の物)も何件も覗きましたがありませんでした。
一応ネットショップで万が一入荷したらメールで通知が来る設定にしてたら昨日入ってて、即注文したら今日届きました。
私は今は天王寺動物園以外の動物園には行ってないので、他の動物園のことはほとんど分かってませんが、
ドラマを見た時すごくよかったと思った記憶があるので、もう一度見たいと思い探してました。でももう諦めてましたが手に入りラッキー。

ゾウのはな子


見事に弾く!
天王寺動物園のオウサマペンギン達(4羽)。今オウサマペンギン達は室内の涼しい場所にいます。
4羽のうち2羽は換羽が終わったらしく、先日は室内のプールでスイスイ泳いでいました。
横ではまだ換羽が済んでない2羽(4、5枚目)がジッと休んでました(換羽前、換羽中は水を弾かない為プールには入りません)。
泳いでた子の1羽がプールから出てガラスの目の前に来てくれたのでじっくり見ると羽に付いた水滴が見事に弾きまくってました。

ペンギン

ペンギン

ペンギン

ペンギン

ペンギン



(追記)6/28の時点では4枚目の換羽中の子はもう換羽が済んでプールにも入っていました。


カケルのツノ
天王寺動物園の今年2月15日生まれのエランドのカケル♂と母ルナ親子。
カケルが誕生して約4ヶ月半ですが、会う度に成長を感じます。体も大きくなってきましたが特にツノの伸び具合を観て。
1、2枚目は先日23日撮影で、3、4枚目は初めてカケルに会った4月12日です。2ヶ月余りでもこんなに違います。
2枚目はカメラを構えてなかったので中途半端ですが、なんか分かりませんがカケルが足の間にもっと頭を突っ込んでました。

エランド

エランド

エランド

エランド


今年もアシカの赤ちゃん誕生!
天王寺動物園のカルフォルニアアシカの赤ちゃんが1頭誕生しています。(お聞きすると6/11誕生なので生後13日目ですかね)
性別はお聞きするのをうっかりしましたが、またお聞きしたら追記しておきます。
昨年誕生したコタロウ(確か他園に移動したと思います)とは違うお母さんから誕生した子とのことです。もちろんお父さんはミック。
赤ちゃんは何度も水には入ってますが、まだ泳ぐという感じではなく、水の中で円をかくように回ってそれから慌てて陸に上がる感じです。
お母さんはほとんど近くにはいなくて、2度程お母さんかと思いますが赤ちゃんと鳴き交わし、写真のように少しスキンシップに来てました。

カルフォルニアアシカ

カルフォルニアアシカ

カルフォルニアアシカ

カルフォルニアアシカ


新入りのタイマイ
天王寺動物園の爬虫類生態館アイファーについ先日新しくタイマイ(ウミガメ科)が仲間入りしました。以前アオウミガメがいた場所にいます。
昨日連れと一緒に天王寺動物園に行ったんですがお昼前から2時間程の滞在で、タイマイが来たことはお聞きしましたが会いに行けませんでした。
昨日は昨日で連れに動物の説明をしながら回ったり、半月ぶりに行ったのでスタッフさんからその後の動物のことをお聞きしたりも出来ましたが、
ほとんど写真を撮ってなかったのもあったので今日も行くことにしたので、アイファーにも入ってきました。
1時間程入ってて、タイマイの所で20分ぐらいいたと思います。ただお客さんが多くガラス面に張り付かず撮影してたので時間待ちもあって。
でも結構撮影したけどISO感度をあまり上げすぎないようにしたのでシャッタースピードが足りずピントが甘すぎたしブレばっかりでした。
やっぱりもう少し明るいレンズじゃないと難しいかな。今度平日に明るめのマクロを持って行ってみようかな。

タイマイ

タイマイ

タイマイ

リクガメ達も好きですが、私は泳ぐカメ達の方はもっと見入ってしまいます。アイファーには何種類かいるので。
以前はかなり苦手だったヘビも最近は直視?して観てます。今インドニシキヘビとボールニシキヘビが抱卵中で♀がとぐろを巻いてます。
ヘビが観れるようになったのは5月初め野外ステージでボアコンストリクターをスタッフさん方が楽しく紹介して下さったおかげです。


チーのかわいい寝姿
天王寺動物園の♀ライオンのチー(父レオ、母ネル)。ちょうどチーが気持ち良さげに岩の上でお昼寝中でした。
レオとネルはガラス面側の傍で寝ていたので写真は撮りませんでしたが。
2枚目奥に写ってる草食サバンナエリアにいるのはグラントシマウマのナデシコ♀とエランドのルティー♂。

ライオン

ライオン


展示開始から2年
天王寺動物園のコビトマングース達(アフリカサバンナエリアにいます)。6月上旬撮影。写真の子達はみんな違って全部で4頭います。
この4頭の子達は2年前の6月22日から一般公開が始まりました(前日の休園日からここに出たと聞いたと思います)。
私は入園して最初にライオン達を観に行って戻ってきてこの子達の所で出ているのを観て、かわいくてたぶん夕方まで観てました。
今は私はあまり鳴いてるところを聞いてないですが、最初の頃はすっごくかわいい声でよく鳴いてました。今も鳴いてるんかな?

コビトマングース

コビトマングース

コビトマングース


スナドリネコ夫婦のかわいいあくび(=^・^=)
天王寺動物園のスナドリネコの宏♂(1、2枚目)と幸♀(3~5枚目)。
別々の日に撮影ですが(今は分かりませんが6月上旬は別居してたのもあって)、ふたりの大きなあくびの瞬間が観れました。

スナドリネコ

スナドリネコ

スナドリネコ

スナドリネコ

スナドリネコ



別居は一時的だったそうで、その後仲良く同居しています。


ソデグロヅルの人工繁殖について…
ソデグロヅル

ソデグロヅル

天王寺動物園のソデグロヅル。今年も5月上旬に2つ産卵し、抱卵しています(6/7より行けてないので孵化日過ぎてるかもですが)。
♂♀で交替し、座る前にはちゃんと転卵もして抱卵していました。
私が知る限りでもここ数年人工授精を試みておられます。♂の片翼がない為上手く交尾が出来ないので。
うちにも小鳥達がいましたから何度も鳥の交尾は見てきましたが、♀が下で♂が上に乗り翼を広げながらバランスをとって交尾します。
特に♂が少しでもどこかに異常があると交尾も難しいはずです。昨年亡くしたモモ♂も姉インコでしたがペアだったので交尾をしてました。
でもモモは翼の力が弱く飛べなかった為カゴの上ならよくても、上の配線に乗ってる時に交尾が始まるとモモが翼を広げても
バランスが取れずに途中で落下してしまうので、私はいつも下でモモが落っこっても危険がないように受けていました。
うちは♀がほとんどだったこともあり、繁殖させたのはモモと姉インコが孵化した時だけで、それ以降は反対に抑制していました。
セキセイインコは年中発情する為、油断すると発情し、産卵してしまいます。でもペアではない子達だと無精卵。体に負担だけの産卵です。
抑制剤(リュープリン)の注射をしたり、最終的には卵が出来ないよう卵管摘出した子達もいます(でも卵巣は取れないので発情は残る)。
無事産卵出来たらまだいいですが加齢により詰まったり、軟卵(殻が軟らかい)だったり、低カルシウム欠症、クロアカ脱や卵管脱になったり。
小鳥でも常にいろんなことがあります。希少種の野生であるツルの産卵・孵化はもっといろんな面で大変だと様子を観てて毎回思います。
どんなに大変なことなのか分かることがネット版「なきごえ」2012年6月号の「ソデグロヅルの人工繁殖を目指して」に書かれています。
昨年2011年7月号の「獣医室から」にも詳細に書かれているので、両方とても興味深く私は読ませてもらいました。
希少動物の種の保存も視野に入れての繁殖計画(しかも産卵時期が決まってるツル)は上記のページに書かれている文面以上に大変だと思います。
飼い鳥の産卵抑制も私にはとても大変で難しいことでしたが、繁殖をさせる大変さ難しさはスタッフさん方が一番感じておられますね。
ネット版「なきごえ」の中で見えない部分も詳しく書いて下さることで、どういう風に取り組んでおられるかが一層分かります。ツルだけに限らず。



今年も卵は孵化しなかったそうで6/22時点ではもう撤去されていました。


隠れてる?
天王寺動物園のケープハイラックス♀(2頭♀、1頭♂)。写真の子はどこにいるかというと岩場の一番左隅っこです。
なぜかと言うとこの時担当さんが中のお掃除をされてたので、逃げれる端っこまで逃げてたみたいです。
この後観に行くと青草を入れてもらっておいしそうに食べてました。

ケープハイラックス

ケープハイラックス


痛いっちゅうねん!
天王寺動物園のチュウゴクオオカミのお母さんユジン。10日程前の写真です。
もう完全に抜けてる子もいる中、ユジンは若干夏毛に生え変わるのが遅いのかまだこの時は結構毛が残っていました。
寝転んでるユジンを観てると背後から一昨年生まれの子(♀)がやってきて、ユジンの毛を咥えてバサッと2~3度抜いてました。
3枚目の後ろの子の口に毛が付いてます。あまりに痛かったのか最近怒るところを観ないユジンがその子にかなり怒ってました。

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ

チュウゴクオオカミ


カメさん達、引越ししたそうです
天王寺動物園の爬虫類生態館アイファーのカメさん達。先週撮影。
今日アイファーの中の4種類のゾウガメ達が暖かくなったので屋外のひつじ広場にお引越ししたようです。
動物園スタッフブログ」さんの「ゾウガメの引越し」にその様子がUPされています。
雨で中止の予定が時間になって雨がやんだとのことで急遽お引越しになったそうです。
私は重いもの等をいきなり持つと首、肩、腕にかけて即痛みが出るのでお手伝いしたことないですが(ほんまは触りたいですが)、
スタッフさんがマイクロチップで個体確認されて体重を量ったり、お子さんが一生懸命カメ達を運んでるのを観るのが好きなので観たかった。

カメ

カメ

カメ


テンテン慣れてきたかな
天王寺動物園のレッサーパンダ達。1枚目テンテン♂、2枚目パンパン♀、3枚目シュウナ♀。
ここのところ暑くなったからかパンパンは少し室内や放飼場の陰で寝てることもあるみたいですが、
でも全体に陰になってくるとみんなテクテク歩き回っています。
テンテンも展示されてまもなく1ヶ月なので、だいぶ慣れてきたように見えます。タイチ♂も茶臼山で慣れたかな?

レッサーパンダ

レッサーパンダ

レッサーパンダ


朝一は特にベッタリ
天王寺動物園のドールのアイン♂とシュタイン♀。日中も仲良く行ったり来たりしてる時もありますが、
朝一は特にベッタリとくっついて仲良しのアイン(1枚目左、2枚目右)&シュタインです。
遠めからなのとガラス面反射で見づらい写真ですがこんな感じ。3、4枚目は以前の写真ですが、3枚目アイン、4枚目シュタイン。

ドール

ドール

ドール

ドール


暑かったけど…日向ぼっこ?
天王寺動物園のベンガルヤマネコのセイ♂。
いつもは結構石段の中など日陰にいたりしますが、この日は暑い日でしたがこうして陽が当たる場所でウトウトしていました。

ベンガルヤマネコ

ベンガルヤマネコ


ふたりの仲は…
天王寺動物園のマレーグマのマーズ♂(1、2枚目右)とマーサ♀(1、2枚目左と3枚目)。
仲睦まじく並んで寝ている2頭ですが、この後マーズが少しマーサにちょっかいを出して2枚目の状態になり、
そしてその後もっと過激になって、最終的にマーサが地面に下りましたが、その際マーズに頭を少々咥えられて?いました。
3枚目はマーサがモートに下りた時に中で立ったので顔が観えて、長~い舌も観えました(でも全部は入りきらなかったですが)。

マレーグマ

マレーグマ

マレーグマ


2組のシマウマの親子達
天王寺動物園のグラントシマウマの親子達。1枚目母ミカと、2枚目娘ミライ(2011年6月3日生まれ)。
3、4枚目右が母のナデシコと左座り込んでる娘のアカリ(2012年2月18日生まれ)。
5枚目はミライとアカリのお父さんのヒデヨシ(今は子育て中の為、ヒデヨシが出る日は柵の中です)。
最近なんかミカ&ミライ親子をなかなか見つけられずちゃんと観れてなかったでしたが、この日はこうして会えました。

シマウマ

シマウマ

シマウマ

シマウマ

シマウマ



大阪は8日に梅雨入りしてたんですねf(^_^;) 確かに8日出かけた時、雨でしたが…。知らんかった(-_-;)


ゾウさん達の砂浴び
天王寺動物園のアジアゾウの春子さん♀(1、2枚目右)とラニー博子さん♀(1、2枚目左と3枚目)。
会いに行くとちょうど2頭同時に砂浴びをしているところでした。もしかしてお互い張り合ってやったのかもしれませんね。

ゾウ

ゾウ

ゾウ


最近のエランド親子
天王寺動物園のエランド親子。1~2枚目2/15生まれの息子のカケル、3~4枚目ママのルナ、5枚目パパのルティー。
今はまだルナ&カケル親子とグラントシマウマのミカ♀&ミライ♀親子とは曜日別にサバンナに出ています。
今年は私も頻繁に行けてないのもあるし、曜日じゃなく体調や天気、その日の用があるかないかなどで行くことが多いので、
カケルにも会えない日が続いたりもあります。でも出てる日は会いに行くとカケルのツノが観るたびに伸びてるのが分かります。
エランドの性格もあってか最初の頃は近くに来ることも少なかったですが、でもここのところは来てくれることも増えてると思います。
2枚目電柵が入ってしまってますが、先日こんなに近くまで来てくれて、でもシャッター音で驚かせてしまいました。
4枚目ルナの傍にある白い塊はたぶん鉱塩(ミネラル補給)だと思いますが、好きなのか結構長く舐めていました。

エランド

エランド

エランド

エランド

エランド


鳥の楽園のオシドリの雛
天王寺動物園の鳥の楽園にいるオシドリに今3羽の雛が誕生して池を泳いでいます。
孵化した日はお聞き出来てませんが、まだ小さいです。2羽は親鳥と離れて、1羽は親鳥に結構近い所にいました。
最初観た時はちょっとカルガモの雛に似てる気がしました。成長は早いと思うのでかわいいうちに観てあげて下さい。
他にもコサギがあちこちの木で巣を作ってるみたいに見えました。5枚目はシュバシコウ。こちらも抱卵か育雛中でしょうか。
一番下の写真の一番左手前にいる子もまだ若鳥さんみたいです。隣が親鳥さんでしょうか。

オシドリ

オシドリ

オシドリ

コサギ

シュバシコウ

鳥の楽園



また更新が飛びまして覗いて下さった皆さんすみません。
前回の更新の時に書きましたが、やはり翌朝からPCが立ち上がらず、何をしてもダメでカスタマセンターに電話しても無理。
結局初期化せざるを得ず、若干のファイルだけバックアップは取れましたがそれ以外は全部消えてしまいました。
主なところではインストールしていたソフト、メールのアドレス帳(メールは残ったので徐々に登録します)、お気に入り、
ワードのファイル、地デジになる前に録画してた番組、ハガキ作成用のアドレス帳も消えてるかな。
最初は気づいてなくても徐々に「あ、あれがない」って気づくことが次々ありました。
まだインストール出来てないソフトもあります。でももう泣いても戻ってくる訳じゃないので諦めるしかないです。
とりあえず写真と鳥サイトのファイルはなんとかなったのでそれだけでも運がよかったと思います。

この記事でカテゴリの「天王寺動物園」が1500個目になりました。
つい先日アクセス数も20万を越しました。つたないブログをいつも見て下さり有難うございます。


今年も産卵&抱卵開始
天王寺動物園のホオジロカンムリヅル。先日朝一通ると1羽が座っていたので、もしかすると産卵が始まったかなと思いました。
でも10時からヒツジの毛刈りが始まるし、その前に行きたい動物の所があったので立ち上がるのを待ってる時間がありませんでした。
13時頃に観に行くとちょうど親鳥が立っていて、足元には2個の卵がありました。
スタッフさんにお聞きするとたぶん前日辺りから産卵が始まったみたいとのことでした。今ならもう1個増えてるかな。
その前に行った時ソデグロヅルを観てると隣でホオジロ達が求愛のような行動を一瞬だけした気がしました。
時期的にも毎年5月末頃から産卵が始まってるのでもうそろそろかなと思っていました。
そろそろと言えば左隣のソデグロももう少しで孵化予定日だと思いますが、今年こそ孵化してほしいです。

ホオジロカンムリヅル

ホオジロカンムリヅル



さっきからPCの調子がおかしく、もし更新が出来てなかったらその影響と思って下さい。


愛とレイの入浴?
天王寺動物園のブチハイエナの愛♀とレイ♂。昨日は結構ガラス面前に来てくれていました。
愛は日陰でゴロンゴロン、レイは湯船に浸かってるかのように水に入ってました。愛にちょっとビクビクしながら。
どうしても♀の方が強いので、以前いた秀♂もいつも愛の行動を観てました。秀がいなくなって確かもう丸2年ですね。
昨日は愛も時々水に入ったり出たりしてました。15時すぎ撮影なので水の所は日陰でした。
1~5枚目がレイ、6枚目が右が愛でレイを追いかけてます(レイの悲鳴も聞こえてました)、7~8枚目が愛。

ブチハイエナ

ブチハイエナ

ブチハイエナ

ブチハイエナ

ブチハイエナ

ブチハイエナ

ブチハイエナ

ブチハイエナ


2012年、ヒツジの毛刈り
今朝天王寺動物園ではヒツジ達の毛刈りがありました。♀4頭、♂1頭。(4/4生まれの子はもちろんしません。でも早くも声変わりが…)
先日からヒツジ達を観てると毛で目が隠れてしもてるんやないかと思う程伸びていたのでかなりスッキリしたと思います。
一番下の写真は15時撮影なので、日陰でゆったりとくつろいでます(♂は別の場所)。
今日は朝から思いのほか陽射しがあって、暑い中ヒツジさん達もスタッフさん方もお疲れ様でした。
一昨年とその前は観に行きましたが、昨年は前日もう少しで病院行きになるかと思うほどの不調で観に行けず今日は行けてよかった。
この様子は「動物園スタッフブログ」さんの「ヒツジの毛刈り」にもUPされています。

ヒツジ

ヒツジ

ヒツジ

ヒツジ

ヒツジ

ヒツジ



この1週間も精神的に良くない日があり安定剤を増やして飲んだりもあったので、今日は嫌なことを考える時間をなくそうと思って、
スタッフさん方とお話したりもありましたが、一般の知らない入園者の方ともあちこちでお話してました。
最初中学生の男の子達がオオカミの所で少し話かけてくれたのでオオカミのことを勝手に紹介し始めて、
それと行きかけた子達を引き止めて向かいの室内にいるアミメキリンのハルミちゃん♀の紹介もしたらちゃんとメモしてくれていました。
あとは年配の方々とも何人かお話したり、1歳ぐらいのちっちゃな女の子がビデオカメラが気になってたので一緒に液晶で見たり。
年配の方は結構よくお話しますが、最近何度か小さなお子さんが通りすがりに手を振ってくれることがあり嬉しくなります。


ワライカワセミのペア
天王寺動物園のワライカワセミ(アシカプール横のキジ舎の辺りにいます)。右がたぶん♂かな。
この日は独特の鳴き声は聞けませんでしたが、でも左のたぶん♀が小さく鳴いてるようでした。

ワライカワセミ




プロフィール

くろしお(♀)

くろしお(♀)
カメラはEOS KissDN、EOS 40D、50D、70D。フィルム一眼はペンタとEOS。ほぼ天王寺動物園の動物達や園内を撮影



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



月別アーカイブ



鳥クロスステッチ図案Shop

ショップは↓こちらから

↓の本にこのショップが
紹介されています






コアラの時計


by Animal Web Clock





QRコード

QR



タグ

ゾウ シロクマ キリン トラ コアラ サイ ライオン ペンギン レッサーパンダ アジアゴールデンキャット ムフロン ブチハイエナ エランド メガネグマ コビトマングース アシカ ラクダ タイマイ シマウマ カバ 野間馬 ソデグロヅル ジャガー マレーグマ ウンピョウ ダチョウ ホロホロチョウ ヒョウ チョウゲンボウ オオタカ エミュー スナドリネコ ホオジロカンムリヅル モモイロペリカン ミミナガヤギ ヒメコンドル セーカーハヤブサ キガシラコンドル イヌワシ サポーターイベント チュウゴクオオカミ コクチョウ ピューマ ドール グリーンイグアナ ボアコンストリクター オランウータン ニッポンツキノワグマ ミズオオトカゲ ヨウスコウワニ ベンガルヤマネコ ソウゲンワシ スッポンモドキ コヨテ フクロテナガザル B'z アフリカハゲコウ ケープハイラックス ヌートリア ゾウガメ ブラッザグエノン 動物感謝祭 ニホンコウノトリ インドホシガメ 脱出猛獣捕獲訓練 ニューギニアナガクビガメ オシドリ ヒツジ ワライカワセミ アネハヅル コサンケイ クロコンドル オジロワシ コフラミンゴ フラミンゴ タンチョウヅル ニホンイヌワシ バーバリーシープ ナベヅル セグロジャッカル アメリカアカリス チンパンジー エジプトガン カメ ヤギ エリマキキツネザル ツキノワグマ コンドル 天王寺動物園フィルム撮影 シロフクロウ セキセイインコ  マンドリル ウサギ トウブハイイロリス ヒクイドリ 紅葉 カラフトフクロウ アオサギ ゴイサギ リクガメ ネコ アオウミガメ フクロギツネ カワリクマタカ タンチョウ オオヅル コサギ ニジキジ コジュケイ 飼育の日  サザンカ 阪神タイガース リス アマサギ セミ  ニホンツキノワグマ  モクレン 文鳥 ヒヨドリ トムソンガゼル ユキヒョウ  アカゲザル ハクセキレイ ワンちゃん インコ リスザル パンダ カワウソ シロテテナガザル 八坂神社 円山公園 清水寺 ゴリラ 無燐庵 カモ カモメ 夕景  アルパカ コバタン ヨウム フクロウ チワワ  バラ シュバシコウ アムールヒョウ ヒガンバナ スズメ コスモス 夕日 アカカンガルー ルリコンゴウインコ フサオマキザル オカメインコ サザナミインコ シママングース シマリス プレーリードック クラゲ コツメカワウソ クロシロコロブス モルモット イトマキエイ ジンベイザメ イルカ ラッコ カルガモ ヒマワリ ライトアップ パンジー ハイビスカス ガーベラ アジサイ ネコちゃん 新緑 オオカミ ワオキツネザル オオハシ トキイロコンドル ハト ミーアキャット アナホリフクロウ キンシコウ  哲学の道 琵琶湖疏水 水路閣 南禅寺 インクライン モモイロインコ ネモフィラ クジャク メジロ 太平洋 クリオネ 菜の花  蝋梅  エノコログサ ひまわり   オオアリクイ バッタ ワラビー カピバラ ミカン  アカハナグマ ポピー エイ アザラシ マンタ プードル 青空  ペリカン マガモ ムクドリ チューリップ ムスカリ スイセン シカ くすぐりエルモ シジュウカラ サギ アライグマ ダルメシアン 京都 鴨川 カモシカ もみじ 大阪城 カニクイザル ススキ ウォンバット   赤とんぼ センイチ レモン  サルビア ガザニア アフリカサバンナ ホソバヒャクニチソウ  シーズー 



ブログ内検索



このブログの写真の無断使用はお断りします。もしご使用の場合はBBSかメールにてお問い合わせ下さい







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。